HOME > 製品一覧 > 知ってなっとく接続規格 > アナログRGB[D-Sub 15ピン]

知ってなっとく接続規格 アナログRGB[D-Sub 15ピン]

アナログRGB[D-Sub 15ピン]とは

読み方:アナログアールジービー[ディーサブ じゅうごピン]

パソコンの映像をディスプレイに送るための接続規格です。
VGA端子とも呼ばれ、古くから存在している接続規格です。多くのディスプレイと接続できます。

主な特長

大小さまざまなアナログディスプレイに表示できる

アナログRGB D-Sub15ピン搭載のパソコンなら、同じアナログRGB D-Sub15ピンを搭載したディスプレイに接続できます。ノートパソコンの場合は、本来の液晶ディスプレイよりも大きな液晶ディスプレイにつなげば、より快適に作業が行えます。
また、プレゼンテーションでおなじみの液晶プロジェクターもアナログRGB D-Sub15ピンで接続できます。

大きなディスプレイやプロジェクターににつないで作業効率アップやプレゼンテーションに使える

テレビにも映せる

パソコン用TV出力機器を使うと、テレビに画面を映せます。パソコンの動画を大迫力で楽しみたい場合などに便利に使えます。

テレビ出力機器を中継してテレビに画面を表示できる

コネクター形状と接続口

パソコン側接続口

パソコン側接続口

コネクター形状

コネクターの差込み面と上面

パソコンとの接続

奥までしっかり差し込みます

奥までしっかりさし込みます。ネジがある場合は両端のネジで固定します。

接続可能な周辺機器

  • ディスプレイ


ページの先頭へ

知ってなっとく接続規格:トップページへもどる

おすすめ情報

一覧を見る