知ってなっとく接続規格 DVI-I(29ピン)

DVI-I(29ピン)とは

読み方:ディーブイアイ アイ

パソコンの映像をディスプレイに送るための接続規格です。
劣化しにくいデジタル信号を用いているため、高解像度の映像もにじみ無く伝送できます。

主な特長

DVI-Iのケーブルは最大5メートル

デジタル信号でノイズに強いDVI-I 29ピンでの接続は5mのロングケーブルも利用できます。

変換コネクターでアナログディスプレイに表示できる

DVI接続のデジタルディスプレイの接続はもちろん、DVI-VGA変換コネクターを使用しアナログディスプレイ(アナログRGB D-Sub 15ピン接続)でも使えます。

「HDMI」に変換してデジタルテレビに表示できる

HDMI変換コネクターを使用しHDMIポート搭載のデジタルテレビ※に接続できます。

※デジタルテレビがHDMI接続によるパソコンの画面表示に対応している必要があります。
※特殊な場合を除き音声は出力されません。

HDMIに変換してデジタルテレビに表示できる

機能比較

1つのポートに1台の機器が接続できます。2つのポートがある場合は2台のディスプレイに表示できます

機能比較

DVI規格を比較しました。

タイプ
(規格)
形状 互換性
DVI-I(29ピン) デジタルディスプレイ/アナログディスプレイ※に接続できます
DVI-D(24ピン) デジタルディスプレイに接続できます

※別途変換コネクターが必要となります。

コネクター形状と接続口

パソコン側接続口

パソコン側接続口

コネクター形状

コネクターの差込み面と上面

パソコンとの接続

奥までしっかり差し込みます

奥までしっかりさし込み、両端のネジで固定します。

接続可能な周辺機器

  • グラフィックボードアダプター
  • ディスプレイ


ページの先頭へ

知ってなっとく接続規格:トップページへもどる

おすすめ情報

一覧を見る