知ってなっとく接続規格 eSATA

eSATAとは

読み方:イーサタ

パソコンと外付けドライブの間で、データを転送するための接続規格です。
HDDやブルーレイ/DVDドライブの接続に用いられます。内蔵用SATAII/SATAと同じものなので、変換ケーブルを用いeSATAとして使用できます。

主な特長

eSATAの最大転送速度3Gbps※1

データ転送速度は最大3Gbps(理論値※2)。これはデジカメで撮影した写真1000枚分のデータ(約2GB)を約5.3秒、ハイビジョン映像1 時間分(約7.56GB)を約20.2秒で転送する計算※3になります。なお、SATAII に対応しないパソコンのSATAを変換した場合は最大1.5Gbps となります。

写真1,000枚(2GB)相当のデータが約33秒、ハイビジョンムービー1 時間分(7.56GB)相当のデータが約2分6秒で転送できる

※1 データ転送速度を表す単位で、1 秒間あたりに転送できるギガビット数を表します。ギガビーピーエスと読みます。
※2 理論値とは、規格策定時に定められた性能を表す数値、実際の機器の速度と区別するために用いられます。
※3 理論値から算出。実際には機器の性能や使用環境の影響で変動します。

最大127個の周辺機器を接続可能

SATAII / SATA ポートを搭載しているパソコンなら変換ブラケットを使用することでeSATA 接続機器が使用できます。

内蔵用SATAII/SATAポートにブラケットを接続することでeSATAの接続機器を使用することができます

機能比較

1つのポートに1台の機器を接続できます

コネクター形状と接続口

パソコン側接続口


コネクター形状


パソコンとの接続

奥までしっかり差し込みます

形状に合わせ、奥までしっかりさし込みます。

接続可能な周辺機器

  • 外付けHDD
  • 外付けブルーレイドライブ・外付けDVDドライブ・CD-Rドライブ・MO


ページの先頭へ

知ってなっとく接続規格:トップページへもどる

サポート関連情報

対応情報

お使いのパソコンに対応した製品をお探しいただけます。

おすすめ情報

一覧を見る