知ってなっとく接続規格 PCI Express x1

PCI Express x1とは

読み方:ピーシーアイ エクスプレス かけいち

デスクトップパソコンの機能拡張のための接続規格です。
スロットと呼ばれるパソコン内の端子に各種機能のボード類を取り付けできます。
PCI Express x1スロットには、PCI Express x1の拡張ボードが取り付けられます(>機能比較へ)。

主な特長

パソコンの機能を拡張できる

使いたい機能/接続端子がパソコンに搭載されていない場合、各種拡張ボードでの増設が行えます。

ネットワークの高速化や無線化、データ転送ポートの拡張、マルチメディア対応などさまざまな機能拡張が可能

パソコンの内部に取り付け

パソコンのケースを開け、標準で搭載されているボードを交換したり、空きスロットに追加増設できます。
スロットに差し込んだボードは、ブラケット(金具)部分をケースへネジなどで固定し、パソコンの背面に、ブラケットと外部端子が出るので、目的の機器を取り付けられるようになります。

もともとついている機能拡張ボードの交換やパソコン内部の空いているスロットに機能拡張ボードを増設ができます

※写真はPCI Express X16規格の増設インターフェースの取り付け例です。

機能比較

3種類のPCI Expressスロットを比較しました。

タイプ
(規格)
互換性/形状
PCI Express x1 PCI Express x1のボードが接続できます。
PCI Express x4 PCI Express / x4 / x1のボードが接続できます。
PCI Express x16 PCI Express x16 / x4 / x1のボードが接続できます。

スロット/ボード形状

パソコン側スロット形状端子部形状

パソコン側スロット形状と端子部形状

パソコンとの接続

奥までしっかり差し込みます

切り欠きが合う向きに合わせ、奥までしっかり挿し込みます。

接続可能な周辺機器

  • 増設インターフェース


ページの先頭へ

知ってなっとく接続規格:トップページへもどる

関連する接続規格

サポート関連情報

対応情報

お使いのパソコンに対応した製品をお探しいただけます。

おすすめ情報

一覧を見る