知ってなっとく接続規格 SATAII/SATA

SATAII/SATAとは

読み方:サタツー/サタ

パソコンと周辺機器の間でデータ転送をするための接続規格です。
パソコン内部に内蔵HDDや内蔵ブルーレイ/DVDドライブなどを取り付け接続できます。“SATA”とは本来のSerialATA(シリアルATA)の略称が定着したものです。
SATAIIとSATAはコネクター形状が同じで互換性があります。SATAIIとSATAの主な違いはデータの転送速度。SATAIIの方が高速です。またドライブの実効転送速度を向上させる機能(NCQ、AHCI等)にも対応しています(>機能比較へ)。

主な特長

SATAIIの最大転送速度3Gbps※1

SATAIIはデータ転送が最大3Gbps(理論値※2)。これはデジカメで撮影した写真1000枚分のデータ(約2GB)を約5.3秒、ハイビジョン映像1時間分(約7056GB)を約20.2秒で転送する計算※3になります。
SATAの最大転送速度は1.5Gbps(理論値)です。

写真1,000枚(2GB)相当のデータが約5.3秒、ハイビジョンムービー1 時間分(7.56GB)相当のデータが約20.2秒で転送できる

※1 データ転送速度を表す単位で、1秒間あたりに転送できるギガビット数を表します。ギガビーピーエスと読みます。
※2 理論値とは、規格策定時に定められた性能を表す数値、実際の機器の速度と区別するために用いられます。
※3 理論値から算出。実際には機器の性能や使用環境の影響で変動します。

機能が向上したSATAII

SATAIIならではの機能として「AHCI(アドバンスドホストコントローラーインターフェース)」「NCQ(ネイティブコマンドキューイング)」「ホットプラグ」があります。

SATA本来の能力を発揮するための新世代の伝送方式。後述のNCQとホットスワップが使えるようになる。

対応するHDDにおいて、ディスク一回転あたりのデータを読み込みを最適化し実効速度を向上させる機能。

パソコンの電源が入ったままでもドライブの取り外しが行える(※OS上で“取り外し可能”の状態にする必要があります)。

※ SATAIIの付加機能の利用には、パソコン本体/OS/ドライバーソフトウェアの対応が必要です。もちろん接続する機器も同様です。

パソコンに内蔵ドライブを増設・交換できる

パソコン内には内蔵用ドライブを取り付けるスペースがあります。空きがある場合には追加増設が、空きが無い場合には交換が行えます。HDDやSSDの容量を増やしたり、ブルーレイなどの新しいドライブを取り付けられます。また、内蔵用の接続規格のためケーブルは最大1mとなっています。

パソコン内部に記憶デバイスを増設・交換できます

機能比較

SATAII/SATAに関する規格を比較しました。

タイプ
(規格)
付加機能 互換性
SATAII AHCI、NCQ、
ホットプラグ
SATAの機器も接続できますがデータ転送速度/機能はSATAとなります。
SATA なし SATA兇竜ヾ錣眄楝海任ますがデータ転送速度はSATA相当となります。

コネクター形状と接続口

パソコン側接続口

パソコン側接続口

コネクター形状

コネクターの差込み面と上面

パソコンとの接続

奥までしっかり差し込みます

形状に合わせ、奥までしっかり挿し込みます。

接続可能な周辺機器

  • 内蔵HDD
  • 内蔵SSD
  • 内蔵ブルーレイドライブ
  • 内蔵DVDドライブ


ページの先頭へ

知ってなっとく接続規格:トップページへもどる

関連する接続規格

サポート関連情報

対応情報

お使いのパソコンに対応した製品をお探しいただけます。

おすすめ情報

一覧を見る