必要な機器と接続方法 | ネットワークオーディオの楽しみ方 High-Quality Sound & Convenience

オーディオ機器とネットワーク機器をつないで、音源の購入から、保存、選曲・再生までを試してみよう。

ネットワークオーディオシステムの構築は、思ったよりもかんたんです。
今までと変わるのはプレーヤーの部分だけ※。アンプ、スピーカー、ヘッドフォンなどは、いままで使っていたものをそのまま流用することができます。
各ネットワーク機器とオーディオ機器の役割と、購入から再生までの流れをご説明します。
※DSDを再生するには、DSD再生に対応したネットワークプレーヤーが必要です。

オーディオ機器とネットワーク機器をつないで、音源の購入から、保存、選曲・再生までを試してみよう。

各機器の役割

パソコン

音源をダウンロード購入したり、NASに音源を収納する際に必要です。CDの音源をリッピングする際にも使用します。再生時には使用しません。

NAS

音源を収納・データベース化し、ネットワークオーディオプレーヤーに配信する、ミュージックサーバーの役割を担います。

世界初、DSD配信対応ネットワークオーディオ向けNAS「LS421D」について詳しくはこちら

LANケーブル

Hubと各ネットワーク機器の間をつないで「デジタル信号の送受信をするケーブル」です。オーディオ利用ではPCでの通信と違い、データ以外の電気的なノイズを伝搬してしまった結果がネットワークプレーヤーの再生音に影響する場合がありますので、ノイズに強いケーブルがおすすめです。

ネットワークオーディオプレーヤー

NASから配信されたデジタル信号をアナログ音声信号に変換してアンプへ送り出します。音質を左右する重要なアイテムです。

アンプ・スピーカー・ヘッドフォン

アンプ・スピーカー・ヘッドフォンの役割は、従来のオーディオシステムと同じです。既存のオーディオシステムで使っていた機器をそのまま使うことができます。

Hub

NASとネットワークオーディオプレーヤーの通信経路を、Wi-Fi親機の通信経路と切り分けることにより、音楽再生時の無線の影響を回避するとともに、デジタル信号の流れを安定させます。

Wi-Fi(無線LAN)親機

ネットワーク機器同士を無線でつなぐために必要な機器です。Wi-Fi機能は、スマートフォン、タブレットをリモコンとして使用したり、離れた部屋のWi-Fi機 器でも音楽を再生したりするために必要です。

※オーディオ機器のネットワークを、パソコン等から独立させ、インターネット回線と接続しない場合は、Wi-Fi 親機が必要です。

スマートフォン・タブレット

各ネットワークオーディオプレーヤー専用のアプリをインストールすることにより、スマートフォンやタブレットをネットワークオーディオプレーヤーの多機能リモコンとして利用できます。

音声ケーブル・スピーカーケーブル

音声ケーブル・スピーカーケーブルの役割も、従来のオーディオシステムと同じです。音の好みに合わせてお選びください。

ネットワークオーディオにおすすめの製品はこちら

購入から再生までの流れ

ステップ1 音楽データを準備する

音楽データの準備
音楽データの準備には主に2つの方法があります。
1 CDからリッピングする

 CDの音楽データは、パソコンに取り込むことができます。リッピングには、WindowsではdBpoweramp、mediamonkey、exact audio copy、Macではrip、Songbook、X Lossless Decoderなどのソフトが一般的に使われており、取り込んだ音楽データをNASにコピーすることで、自動的にライブラリに追加されます。
 雑誌の付録DVD-ROMに音源が収録されている場合もあります。こういったデータも、パソコンを使ってNASにコピーすることで再生可能になります。

2 音楽配信サイトで無償ダウンロードもしくはダウンロード購入する

 国内・海外のインターネット上の音楽配信サイトからもダウンロードした音源も、NASにコピーすることで再生できます。
 現在では、高音質なハイレゾ音源、ロスレス音源をダウンロードできるサイトに、クラシックやポップス、クラブミュージック、インディーズまで、様々な楽曲が登録されており、好みに合わせて選ぶことができます。これらの音楽も、パソコンにダウンロードしてNASにコピーすることで、自動的にライブラリに追加されます。

※音源配信サイトの例:e-onkyo music / OTOTOY / HQM STORE / HD tracks / LINN Records など

ステップ2 音楽を聴く

スピーカーで聴く

 NASとネットワークオーディオプレーヤーを下図のようにネットワーク接続します。
 ネットワークオーディオプレーヤーはオーディオケーブルでアンプまたはヘッ ドフォンアンプに接続します。
 ネットワークオーディオプレーヤーのディスプレイに、メディアサーバーとしてNASの名前が候補として表示されれば準備完了です。
 楽曲を選び、再生ボタンを押せば再生可能になります。

※海外のネットワークオーディオプレーヤーなど、ディスプレイに日本語が表示できない機器の場合は、NASの言語設定を英語にしておく必要があります。

スピーカーで聴く

ヘッドフォンで聴く

ヘッドフォンで聴く場合は、ヘッドフォンアンプの Phone端子にヘッドフォンをつないで聴くことができます。

ヘッドフォンで聴く

ステップ3 スマートフォン、タブレットで操作する

 スマートフォン、タブレットに専用アプリをインストールすることで、ネットワークオーディオプレーヤーのリモコンとして利用できるようになり、接続先NASの選択や、選曲や再生・停止・一時停止・プレイリストの作成などの操作ができます。表示画面が見やすく、タッチパネルで操作ができるため、より快適にネットワークオーディオを楽しめます。

スマートフォン、タブレットで操作する

ネットワークオーディオにおすすめ  バッファローのネットワーク製品

NAS ネットワーク対応ストレージ

LinkStation LS421D

プレミアムモデル

オーディオ向けNAS

LinkStation LS421Dシリーズ

  • 世界初※、FLAC等のハイレゾPCM音源に加え、DSD配信に対応。
  • ミュージックサーバー機能を設定済みですぐに使える。
  • DLNAサーバーにはTwonkyMedia7.1を採用。
  • DSD音源を約365時間以上ストック可能。
  • 2013年度グッドデザイン賞、オーディオ銘機賞2014受賞、ビジュアルグランプリ2014メディア部門金賞受賞

※1.DLNAサーバー搭載NASとして。(2013年6月25日現在)

※DSD 5.6MHz の場合。実効容量1.8TBとした場合の理論値です。

LS421D 詳細はこちら
LS-WSXS240L/R1

大量の音源を小さく収納。静かに配信。

ファンレス&240GB SSD搭載

Air Station WZR-1750DHP2

  • SSDとファンレスで静音を実現。
  • 場所を選ばないコンパクトな設置性能。
  • 縦置き、横置き両対応。
  • 高い省エネ性能。
LS-WSXS240L/R1 詳細はこちら

ハイレゾオーディオの世界へ DELA

Wi-Fi 無線LAN親機

WMR-433Wシリーズ

設定不要でネットワークオーディオを快適操作。
11ac対応シンプルルーターセット。

5GHz / 2.4GHz デュアルバンド

AirStation WMR-RM433W/A

  • インターネット回線不要で使えるネットワークオーディオ用設定済み。すぐに使えるシンプルルーターとハイレゾオーディオイーサネットケーブルのセット。
  • 幅広いスマートフォン・タブレットに対応。2.4GHz/5GHz両対応。
  • ノイズを気にせず使えるUSB給電方式。
WZR-900DHP 詳細はこちら
LinkStation LS421Dシリーズ

11ac対応で超高速。
デュアルバンドで、安定通信。

5GHz / 2.4GHz デュアルバンド

AirStation WZR-175DHP

  • 802.11ac/802.11a(5GHz帯)/802.11g/b(2.4GHz帯)のデュアルバンド対応。音楽ストリーミング用の電波とスマートフォン通信用の電波を分けて通信できる。
  • 11acハイパワーで、大容量の高音質音楽データも途切れず再生可能。さらに、離れた場所でも安定した無線LAN通信が可能。
  • スマートフォンだけで簡単に初期設定ができるAOSS2に対応。
WZR-900DHP 詳細はこちら

LAN LAN用ハブ / LANケーブル

BS-GS2016

ネットワークオーディオ向け
スイッチングHub

BS-GS2016/A

  • オーディオ用の通信と無線LANなどのその他の通信を切り分けられ、大容量の高音質データもストレスなく楽しめる。
  • 1.5MBの大容量パケットバッファーで安定したデータ転送を実現。
  • 高い静音姓を実現するファンレス筐体
  • 二重シールド構造を採用したプレミアムイーサネットケーブルを付属
BS-GS2016/A 詳細はこちら

BSL-WS-G2108M

ネットワークオーディオ向け
スイッチングHub

BSL-WS-G2108M/A

  • オーディオ用の通信と無線LANなどのその他の通信を切り分けられ、大容量の高音質データもストレスなく楽しめる。
  • 512kの大容量パケットバッファーで安定したデータ転送を実現。
  • 高い静音姓を実現するファンレス筐体
  • 二重シールド構造のLANケーブルを付属。
BSL-WS-G2108M 詳細はこちら
BSLS7NUシリーズ

二重シールドで、ノイズに強い
LANケーブル

カテゴリー7

BSLS7NUシリーズ

  • "エイリアン・クロストーク※"による通信エラーを防ぐ、二重シールド構造。
  • シールド構造を備えながら、配線しやすい「しなやかさ」を実現。
  • 接触面の酸化を抑え高精度の接触を保つ、金メッキシールドプラグ。
  • 耐久性に優れ、180度曲げてもツメが折れない新素材のコネクター。

※エイリアン・クロストーク:複数のケーブルを束ねた際に発生する、隣り合ったケーブル間のノイズ干渉。

BSLS7NUシリーズ 詳細はこちら

ハイレゾオーディオの世界へ DELA

  • ネットワークオーディオとは
  • ネットワークオーディオQ&A

おすすめ情報

一覧を見る