HOME > 製品一覧 > デジタル家電総合情報サイト > レコーダーにつないでトクするガイド > DX BROADTEC レコーダーにハードディスクをつないでトクする。
レコーダーにつないでトクするガイド

DX BROADTEC レコーダーにハードディスクをつないでトクする。

 

大容量HDDをつないで録画時間をさらに増やせる。

大容量HDDをつないで録画時間を増やす

DX BROADTEC レコーダーのUSB用外付けHDD録画対応モデルは、HDDをUSBケーブル1本でつないでデジタルハイビジョン放送の録画が可能です。 外付けHDDで手軽に録画時間を増やせば、内蔵のHDDがいっぱいになっても引き続き番組を録りためられます。また、内蔵HDDに録画した番組を、外付けHDDにムーブやダビングすることも可能。内蔵HDDの容量に再び録画可能な余裕を作れます。


※外付けHDDへの録画はDRモードのみです。ダビングはその他のモードも選択できます。

ケーブル1本で簡単接続。8台までつなぎかえて使える

最大8台までつなぎかえ接続可能

DX BROADTEC レコーダーとHDDの接続は、USBケーブルで接続するだけ。お使いのブルーレイディスク/DVDレコーダーのモデルと、HDDのシリーズをよくご確認の上お選びください。
外付けHDDは、最大8台まで登録することが可能です。複数HDDを使用する場合はつなぎ替えて接続することで、好きな番組を好きなだけ録画できます。

※同時に接続できる外付けHDDはUSBハブ(電源供給タ イプ)を使って4台までとなります。

容量と保存可能時間の目安

※保存可能時間はおよその目安です。放送レートや設定条件によって変動します。

接続する外付けHDDが大容量なほど、長時間の録画データの保存が可能です。

●保存可能時間の目安(理論値)
録画モード 放送 500GB 1.0TB 2.0TB
DRモード 地上デジタル 約65時間 約130時間 約260時間
BSデジタル 約46時間 約92時間 約184時間
AEモード 約543時間 約1086時間 約2172時間
テレビメーカー別HDD対応製品

サポート関連情報

よくある質問

トラブル時の対処法や添付ソフトについての情報をお調べいただけます。

ダウンロード

追加機能の利用が可能になったり、トラブル解決に役立つ場合があります。

製品添付のマニュアルを紛失された時などにご利用下さい。

対応情報

お使いの機器に対応した製品をお探しいただけます。

お問い合わせ窓口

電話/Webでのお問い合わせ方法をご案内しております。

おすすめ情報

一覧を見る