サイト内検索&Quick!ナンバー

バッファローホーム ショッピング サイトマップ

ホーム > 製品情報 > 製品ニュース > バッファロー、アジア地区への本格進出を目指し、ECSグループと代理店契約を締結
パソコン周辺機器バッファローの製品ニュース
お知らせ
RSS2.0RSS1.0 2007年05月14日

バッファロー、アジア地区への本格進出を目指し、ECSグループと代理店契約を締結

 バッファロー(本社:名古屋市、代表取締役社長:斉木邦明)は、2007年5月9日ECSグループ各社(ECS Holdings:イーシーエスホールディングス、本社:シンガポール、SGX上場を始めとする6社)とアジア地区の包括的な代理店契約を締結しました。ECSグループはアジア地区大手のICTソリューションプロバイダー(ICT:インフォメーション・コミュニケーション・テクノロジー)で、エマージングマーケットとして急速に拡大するアジア地区に対するバッファローの本格進出を促進します。

概要

 ECSグループは、中国、マレイシア、シンガポール、タイ、フィリピン、インドネシアなどに拠点を持ち、システムインテグレータなど18,000社に及ぶ販売チャネルを有し、今後さらに新規チャネルの開拓も目指します。
 バッファローがパートナーとしてECSグループを選択した理由は、これまで各国でばらばらであった販売会社をECSグループに統一することでオペレーションが円滑になること。また、ECSグループはマーケティング能力に優れ、かつ技術サポートをする能力もあるため、長期的な視点から見てもアジア地域でのバッファローブランドの確立に役立つと考えたためです。

 対象となる地域は、シンガポール、タイ、マレイシア、インドネシア、フィリピンでは総代理店として独占的な販売契約となり、中国、インドでは重要な販売チャネルとしての契約となります。
 また、対象となる製品は、急速に新たな市場を創りつつあるネットワーク接続のハードディスク製品(TeraStation)や無線LAN製品(AirStation)を始め、バッファローが今後アジア地区向けに拡充する製品ラインアップを含めた広範囲なもので、初年度の売上目標は20億円となります。

ECSグループ 概要

ECS Holdings Limited(ECSグループの持株会社)
19 Kallang Avenue #07-153
Singapore 339410
http://www.ecs.com.sg/

連結財務データ
資本金 112,016
売上高 2,339,309(2006年12月期)
単位1,000シンガポールドル
(日本円に換算すると売上高は1,870億円に相当します。)
1シンガポールドルは約80円として計算

株式会社バッファロー 概要

〒457-0011 名古屋市南区柴田本通四丁目15番
/
資本金 64億円
売上高 1,275億円(2007年3月期)


※新製品情報に掲載されている価格、仕様、対応機種等は発表時のものです。
※価格改定、仕様変更、対応機種追加等の可能性があります。
※最新情報は製品カタログにてご確認ください。

To Overseas Press People:
This product is only available in the Japanese Domestic Market. Pricing and availability in other regions may vary.
※記載されている価格は希望小売価格であり、消費税は含まれません。※日本語OSのみサポートしております。We provide technical and customer support only to Japanese OS.
ホームページに関するお問い合わせ プライバシーポリシー copyright
メルコグループパソコン周辺機器 バッファロー