サイト内検索&Quick!ナンバー

バッファローホーム ショッピング サイトマップ

HOME > 製品情報 > プレスリリース > ラムディスク(RAMDISK)ユーティリティー さらに高速にバージョンアップ
パソコン周辺機器バッファローのプレスリリース
お知らせ
RSS2.0RSS1.0 2009年12月02日

ラムディスク(RAMDISK)ユーティリティー さらに高速にバージョンアップ

  メルコホールディングス(東・名 6676)グループの中核企業 株式会社バッファロー(本社:名古屋市、代表取締役社長:斉木 邦明、以下バッファロー)は、パソコンに増設されたメモリーの一部を超高速ディスクドライブとして利用する「ラムディスク(RAMDISK)ユーティリティー」をバージョンアップ、処理速度の高速化<特許出願中>、バックアップ機能強化、FireFox対応、Windows 7(32bit)対応となり、本日より弊社ダウンロードページにて無料ダウンロード可能になりました。
 ラムディスクは、パソコン内蔵のメモリー領域を超高速に読み書きできる仮想ハードディスクとして利用する技術。ラムディスクは、パソコン内蔵メモリーを利用しているため電源OFFや再起動などを行うとデータが消えてしまいます。本ユーティリティーでは自動バックアップ機能を搭載し、バックアップした内容はパソコン起動時にラムディスクに自動復元します。
 Windowsの一時ファイル(テンポラリー)や、インターネットブラウザーのキャッシュ領域に割り当て、ハードディスクへのアクセスを減らすことにより、Windowsを高速化させることができます。また、32bit版Windowsでは認識できない領域をラムディスクとして利用できる機能”限界突破”を搭載し、メモリー全領域を有効活用することが可能になります。

BUFFALO RAMDISKソフトウェアユーティリティー

バッファローのラムディスクユーティリティーの特長

●データ領域確保・転送処理を効率化、処理が高速に<特許出願中 バージョンアップ新機能>

BUFFALO RAMDISK DiskMark特許出願中のデータ領域の管理手法と転送処理の効率化でラムディスクへのアクセスが高速。他社ラムディスクソフトウェアと比べて、Readで約155%、Writeで約143%高速となりました。
<測定環境>
マザーボード:GIGABYTE GA-P35T-DQ6、CPU:Intel Core2DUO E8600(3.33GHz)、メモリー:バッファロー D3U1333-4G(DDR3-1333 CL=9 4GB)×4本=計16GB、OS:Windows Vista(32bit)、ラムディスクソフトウェア:バッファローラムディスクユーティリティ 対 国内I社製 (ともにオプション設定 容量以外はデフォルト値)、ベンチマークソフトウェア:Crystal DiskMark2.2

●Windows 7(32bit)対応<バージョンアップ新機能>

Windows 7(32bit)に正式対応しました。

●バックアップ機能の強化<バージョンアップ強化機能>

BUFFALO RAMDISK BACKUP◆バックアップしない
パソコンにデータを残さずに扱いたいデータの作業スペースとして利用可能。
◆バックアップする(電源オフ時及び休止時) ※標準設定
電源を落とすときや休止させるときに必ず自動でバックアップ
◆パソコンにアクセスしていないときにバックアップする<バージョンアップ新機能>
パソコンの処理に空きがある(負荷が低い)時にパフォーマンスを落とすことなくバックアップを随時実行。
◆RAMDISKに書き込みがあったときにバックアップする
最も安全性が高いモード。書き込みの都度にHDDへのアクセスが発生するのでパフォーマンスが犠牲になるのが難点。

●IE、FireFoxのキャッシュを簡単設定<バージョンアップ強化機能>

BUFFALO RAMDISK 簡単設定IE(インターネットエクスプローラー)やFireFoxで、WEBブラウジングする際のキャッシュ領域に簡単に設定可能。ラムディスクへのアクセスも簡単。「マイドキュメント」に「My RAMDISK」というフォルダを表示させることができます。難しい設定はいりません。

●パソコン初心者でも簡単

ダウンロードして、ダブルクリックするだけでインストールができます。
インストール後、必要なラムディスクの容量とバックアップモード、キャッシュなどの簡単な設定を行います。

●ユーザー登録やシリアル番号などの登録不要

ラムディスクユーティリティーは、簡単にダウンロードできます。ダウンロードやご利用に、ユーザー登録やシリアル番号登録は必要ありません。どなたでもお気軽にダウンロードしてご利用いただけます。

●OSの管理領域以内でのラムディスクは無料・無制限

32bit版 Windows 7、XP、Vistaでは、3GB強のメモリーまで直接管理します。
この領域内にラムディスクを作成する場合、ダウンロードしてインストールするだけでご利用いただけます。パソコン購入時の標準メモリーや、他社のメモリーで増設していてもOK。

●OSの管理領域以上の”限界突破”に対応(バッファロー製メモリーの増設が必要)

3.2GBの管理領域32bit版 Windows XP、Vistaでは、3GB強のメモリーしか直接管理できませんが、4GB、8GB、16GBなどさらに多くのメモリーを実装できるパソコンが市販されています。バッファローのラムディスクユーティリティーは32bit版Windowsの管理領域以上のメモリーを利用する”限界突破”に対応。管理領域外をラムディスクにできます。
ラムディスクユーティリティーで”限界突破”する際は、バッファローのメモリーがパソコンに増設されている必要があります。1枚でも入っていればユーティリティが自動認識します。

関連サイト

ラムディスクユーティリティーの詳細は、【こちら

ラムディスクユーティリティーのダウンロードは、【こちら



※新製品情報に掲載されている価格、仕様、対応機種等は発表時のものです。
※価格改定、仕様変更、対応機種追加等の可能性があります。
※最新情報は製品カタログにてご確認ください。

To Overseas Press People:
This product is only available in the Japanese Domestic Market. Pricing and availability in other regions may vary.
※記載されている価格は希望小売価格であり、消費税は含まれません。※日本語OSのみサポートしております。We provide technical and customer support only to Japanese OS.
ホームページに関するお問い合わせ プライバシーポリシー情報セキュリティポリシー Copyright, BUFFALO INC. All rights reserved.
メルコグループパソコン周辺機器 バッファロー