サイト内検索&Quick!ナンバー

バッファローホーム ショッピング サイトマップ

HOME > 製品情報 > プレスリリース > 総務省が補助対象事業で無償給付する「地デジチューナー」 今年度分 最大約60万台を受注
パソコン周辺機器バッファローのプレスリリース
お知らせ
RSS2.0RSS1.0 2010年06月04日

総務省が補助対象事業で無償給付する「地デジチューナー」 今年度分 最大約60万台を受注

  メルコホールディングス(東・名 6676)グループの中核企業 株式会社バッファロー(本社:名古屋市、代表取締役社長:斉木 邦明、以下バッファロー)は、総務省が補助対象事業で無償給付する「簡易な地デジチューナー」の今年度(2010年)分の納入メーカーとして採択されました。
 この補助対象事業とは、2011年7月24日に実施される地上デジタル放送への完全移行に向けて、経済的な理由等で地上デジタル放送がまだ受信できない世帯(災害被災者を除くNHK受信料全額免除世帯)に対して、地上デジタル放送を視聴するために必要な最低限度の機器「簡易な地デジチューナー」を『総務省 地デジチューナー支援実施センター』が無償給付するというものです。同センターによると、今年度の「地デジチューナー」給付計画総数は最大約120万台。
株式会社バッファローは、2011年3月末までに、最大で約60万台の納入を予定しております。
株式会社バッファローは、今回の地デジチューナーの事業参画を含め、幅広いお客様へご利用いただける様、コーポレートステートメントである「デジタルライフ、もっと快適に」を推進し、人々の豊かなデジタルライフを実現する多彩な製品やソリューションを展開して参ります。

参考情報:
総務省 地デジチューナー支援実施センターは、「株式会社エヌ・ティ・ティエムイー(NTT‐ME)」に運営を委託されています。

納入機器「簡易な地デジチューナー」について

DTV-MIC200株式会社バッファローが納入する機器は、「社団法人デジタル放送推進協会(Dpa)」の「簡易な地デジチューナー仕様」に適合した地デジチューナーです。コンポジット映像出力とアナログステレオ出力を備え、映像・音声ケーブルでアナログテレビと接続して、標準画質で地デジを見ることができます。

<イメージ画像です。実際に納入する機器と差違がある場合があります>
<画像をクリックすると、大きな画像になります>



※新製品情報に掲載されている価格、仕様、対応機種等は発表時のものです。
※価格改定、仕様変更、対応機種追加等の可能性があります。
※最新情報は製品カタログにてご確認ください。

To Overseas Press People:
This product is only available in the Japanese Domestic Market. Pricing and availability in other regions may vary.
※記載されている価格は希望小売価格であり、消費税は含まれません。※日本語OSのみサポートしております。We provide technical and customer support only to Japanese OS.
ホームページに関するお問い合わせ プライバシーポリシー情報セキュリティポリシー Copyright, BUFFALO INC. All rights reserved.
メルコグループパソコン周辺機器 バッファロー