サイト内検索&Quick!ナンバー

バッファローホーム ショッピング サイトマップ

HOME > 製品情報 > プレスリリース > 撮影した写真を無線LANでリンクステーションへ直接保存。“Eye-Fi連動機能”搭載で写真転送に対応
パソコン周辺機器バッファローのプレスリリース
お知らせ
RSS2.0RSS1.0 2010年11月10日

撮影した写真を無線LANでリンクステーションへ直接保存。“Eye-Fi連動機能”搭載で写真転送に対応

株式会社バッファロー NAS「リンクステーション」シリーズがファームウェアのバージョンアップでEye-Fi連動機能を搭載

 メルコホールディングス(東・名 6676)グループの中核企業 株式会社バッファロー(本社:名古屋市、代表取締役社長:斉木 邦明、以下バッファロー)は、ネットワーク接続ハードディスク(NAS)「リンクステーション」シリーズのファームウェアのバージョンアップにより、「Eye-Fi連動機能」を搭載します。これにより、撮影した写真や動画を無線LANで転送するSDHCカード“Eye-Fi”からパソコンを介さずに「リンクステーション」に写真や動画を保存ができるようになります。
 対応するファームウェアは、2010年11月下旬より配布開始予定です。


EYE-FI

開発の背景

 Eye-Fiは、デジタルカメラで撮影した写真をパソコンへ転送できる製品です。
 バッファローでは、無線LANでどこからでも転送できるEye-Fiの特長と常時使えるNASの特長を活かし、いつでもEye-Fiからの写真の転送先とできるようファームウェアを改良。パソコンを起動せずにリンクステーションへ写真を自動転送できる環境を構築でき、デジタルカメラでの撮影に専念できるストレージソリューションとして進化させました。

機能概要

 「Eye-Fi連動機能」とは、通常のNASでは単体で受信できないEye-Fiから転送される写真データを、パソコンを介すことなくリンクステーション単体で受信・保存できる機能です。
 DLNA機能搭載のリンクステーションに保存された写真データは、パソコンはもちろんDLNA対応テレビやゲーム機上でも見られます。

EYE-FI

Eye-Fiについて

 アイファイジャパン株式会社が発売している無線LANを内蔵したしたSDHCカードです。カード本体のフラッシュメモリーに写真を保存できる他、撮影した写真を無線LANを通じてパソコンに転送できるのが最大の特長です。

対応機種

●対応するリンクステーション

LS-QVLシリーズ
LS-SLシリーズ
LS-VLシリーズ
LS-WSXLシリーズ
LS-WVLシリーズ
LS-WXLシリーズ
LS-XHLシリーズ

※ファームウェア Ver1.40より対応。ファームウェアは11月下旬以降、各リンクステーションのダウンロードページより取得いただけます。

●対応するEye-Fi

Eye-Fi Connect X2
Eye-Fi Explore X2
Eye-Fi Pro X2

関連サイト

●NAS一覧

NAS一覧サイト


※新製品情報に掲載されている価格、仕様、対応機種等は発表時のものです。
※価格改定、仕様変更、対応機種追加等の可能性があります。
※最新情報は製品カタログにてご確認ください。

To Overseas Press People:
This product is only available in the Japanese Domestic Market. Pricing and availability in other regions may vary.
※記載されている価格は希望小売価格であり、消費税は含まれません。※日本語OSのみサポートしております。We provide technical and customer support only to Japanese OS.
ホームページに関するお問い合わせ プライバシーポリシー copyright
メルコグループパソコン周辺機器 バッファロー