HOME > 製品一覧 > ピックアップ > バッファローツールズ™ > ドライブで使える > さらに納得。ターボコピー+ターボPCの秘密

さらに納得。「ターボコピー+ターボPC」の秘密

データのコピーを最適化する「ターボコピー」とは。

高速 コピー・移動パソコンからドライブ製品へのデータをコピーにかかる待ち時間の悩みを解決するために開発されたソフトウェアが〈ターボコピー〉。データのコピーや移動時にまとめてデータ転送をすることで、効率よくデータを読み書きします。


データの保存を高速化する「ターボPC」とは

バッファローツールズの入手・操作方法はこちら>>
「〈ターボコピー〉と〈ターボPC〉」を使用するために必要なものは、パソコンとバッファロー製ドライブの2つ。これに添付のバッファローツールズをインストールすれば、たちまちスピードアップ。

必要なものはこれ

バッファローツールズの入手・操作方法はこちら>>

高速化の仕組み

まとめて読み込み、まとめて書き込むことで転送ロスを解消するターボコピー

ファイルのコピーを行う場合、コピー元ドライブでは読み込み処理、コピー先ドライブで書き込み処理が行われています。この時に一度に全てのデータを処理するのではなく、細かく分割して処理していきます。Windowsの通常のコピーでは小さい単位で細切れに「読め」「書け」という命令をひんぱんに行っています。〈ターボコピー〉は一回あたりの処理の単位を大きくすることで、「読め」「書け」という命令の回数を激減させます。その結果データのコピーにかかる転送ロスを削減できます。

キャッシュで書込時間を短縮するターボPC

〈ターボPC〉をインストールすると、メモリー上に一時保存領域(キャッシュ)が確保されます。通常のパソコンでは、ドライブへの書き込み処理が終わってから次を読み込みます。その為に、データの書き込み処理に時間がかかっていました。〈ターボPC〉がインストールされているパソコンの場合は、読み込んだデータをキャッシュに送ります。キャッシュへの書き込みはメモリーへの書き込みとなるため短時間で終了し、すぐに次の読み込みを始めることができます。この処理はキャッシュが一杯になるか、データを全て読み込むまで繰り返されます。キャッシュに貯めたデータは読み込みとは別に逐次ドライブに書き込まれていきます。結果、読み込みと書き込みが同時に行われるため、データの書き込み時間を短縮できます。

2つのターボの合わせ技で大幅に時間短縮

「〈ターボコピー〉+〈ターボPC〉」を組み合わせることで、データをまとめて転送ロス解消と読み込みと書き込みを同時に行って時間短縮を同時に実現。大幅に時間を短縮できます。

○普通のパソコンでは交互に読み書きするから時間がかかる。○「ターボコピー+ターボPC」で、「一気」に読み込み、一度貯め、並行作業で「一気」に書き込む。

たとえばこんなシーンで効果を発揮

パソコンに保存した写真データをドライブにコピーしたいとき

例えば、パソコンに保存した写真ファイルを外付けドライブにコピーして持ち歩きたい場合。大量の写真のコピーも待ち時間短縮で快適に行えます。

見て納得。動画でスピードを体感しよう。

使い方は簡単。インストールするだけでOK。

インストールするだけでパソコンが高速化。面倒な設定 も必要ありません。メモリーの割当容量変更もらくらく簡単操作で行えます。

簡単設定方法はこちら

まとめ
  • 「ターボコピー」+「ターボPC」はコピーが高速化される
  • 2つのターボの合わせ技で大幅に高速化している
  • バッファローツールズ添付ドライブの購入で使える

対象のドライブ製品は、製品についている「ターボコピー」「ターボPC」が目印です

外付けHDDへ 内蔵SSDへ

バッファロー製メモリーは家電量販店やパソコンショップ、「バッファローダイレクト」で購入できます。

ターボPC対応バッファロー製メモリーを購入するならバッファローダイレクト

快適環境を極めるなら、ドライブ製品の購入もおすすめ

さらにバッファロー製メモリーの購入で〈ターボPC〉がパワーアップ。メモリーに割り当てられるキャッシュの容量が最大512MBにアップ。ドライブ&メモリーの組み合わせでバッファローツールズ最速環境を実現、大きなデータも高速化します

+TurboPC

サポート関連情報

対応情報

Windows 8.1

最新OSの対応情報を一覧でご確認いただけます。

お問い合わせ窓口

電話/Webでのお問い合わせ方法をご案内しております。

おすすめ情報

一覧を見る