• ショッピング
  • 製品・サービス一覧
  • 対応情報
  • ダウンロード
  • お客様サポート
法人のお客様

第108回目の@Professional Usersは、女性DJ であり、コンポーザー 、リミキサーとしても幅広く活躍する宇田川 優(うだがわ ゆう)さん。最初に作った楽曲がSONYのプレイステーションに使用されるという華々しいデビューを飾ります。その後も勢力的に海外アーティストのリミックスを手掛け、クラブ、ラウンジでのDJプレイも国内、外にて続けます。最近では待望の新曲"Agate feat.Kenny"もリリース。LAVAプロデュースの店舗でも数々のブランドパーティーでDJとして参加しています。そんな宇田川さんはハードディスクに関してはバッファローをとても信頼していると言います。最近ではバッファローのFirewire対応外付けハードディスク HD-MIBSU2シリーズをクリエイティブで使用とのこと。早速LAVAが宇田川さんの自宅兼、スタジオを訪れお話を伺いました。

USB2.0/eSATA/FireWire800/400用 外付けHDD for mac HD-MIBSU2シリーズ

音楽で部屋の景色がガラッと変わる。そういうものを作ることに憧れてました

――女性DJでありコンポーザーの宇田川 優さんです。彼女は僕のプロデュースするレストランでも頻繁にDJをしてくれています。そもそも音楽との出会い、そしてそこからプロとしてダンスミュージックへの道を目指していった経緯を教えてください。

私は3歳から音楽教室に通っていました。そこは鍵盤楽器や打楽器を一通り経験するクラスで、例えばクリスマスシーズンにはベルを鳴らしたり、子供の時期に楽器に慣れ親しんでいくという目的をもった教室でした。小学校の頃にその音楽教室の経験を活かしピアノを始めました。全ての感情はピアノに注ぐ!といった子供でしたね。

――ピアノから入ったんだね。ちなみに僕は幼稚園でピアノは挫折しましたが(笑)。それで?

高校時代ではバンドを結成しました。私はギターも始めたのでハードコアパンクやグランジと、激しいものを選びます(笑)。同時にヒップホップのバンドにも参加していて、メンバーの仲間達がヒップホップということもあってレコード屋さんのバイヤーをしていたり、レコードのコレクターだったりして、私も影響されて自分でレコードを買うようになりました。そこから友人に手紙を書くような感覚で、レコードから音楽をセレクトしてカセットテープやMDに入れて友人達に聴いてもらっていました。

——友人に手紙を書くような感覚っていいね。まさにプロDJの基本姿勢です。

ありがとうございます。それからすぐにレコードプレーヤーが壊れて、「よし、これはちゃんとやろう」という強い意志のもと、DJ用のターンテーブルを買いました。

——そもそも子供の頃から音楽の道に進もうって思っていたの?

中学生の頃は画家になりたかったんです。それも絶対になると確信していました(笑)。でも絵は内にこもりひとりになりがちです。バンドを組んだ時にそれまでにはなかった人への繋がりが増えて楽しくなってきました。きっと自分は人との触れ合いが好きなんだということに気付いたんですね。DJを始めたのも、まず人に聴いてもらいたいという気持ちからスタートしましたからね。

——なるほど。音楽を作ることは?

高校生ぐらいから演奏やDJをするだけでなく、音楽を自らで作ってみたいと思うようになりました。音楽をかけると部屋の景色がガラッと変わって見えますよね。そういうものを自身で作り出せるクリエイティブへの憧れのようなものがあったんです。そして20代中頃にお金を貯めて作曲用の機材を全て買いそろえました。

——初めて作った曲がプレイステーションに起用されたと聞いてるけど本当?

はい、本当なんです(笑)。その曲はまだパソコンにも作曲機材にも慣れていない頃に自分のために作ったんです。そのタイミングでSONYの方と出会い、プレイステーションVITAのメインメニューの音楽コンペがあるので曲を作ってみないかと依頼されたんです。そのゲーム用に2曲を制作して、オマケで例の自分のために作った曲も入れて提出しました。そうしたらなんとその自分のために作った曲が採用されたんです。

——それは凄いね。でもビギナーズラックということだけでは片付けられない色んな話の答えになるような話だね。無欲、無心!

プレイステーションVITAのメインメニューの音楽がデビュー作です

はい、でもこの話は今後バッファローの機材に関連していくエピソードもあるんです。

——おっ、気になるね。

採用されたのは本当に嬉しかったんですが、私はなにせパソコンも使い始めだったので、その曲のオリジナルデータを全て消してしまっていたんです。

——えーっ!それは大変だ!

曲自体のwavデータはあったんですが、オリジナルのトラックデータはありません。その話をSONYの人に話したら当然曲の微調整がトラック上で出来ないのは困るということに。

——そりゃそうだよね。

そして作り直して欲しいということになりました。同じ曲やトラックってやはり出来ないんですが、そこは頑張って1週間で作り直しました。無事に採用されて今でもプレイステーションVITAのメインメニューの音楽として流れています。

——まさに奇跡のデビューだね。それでバックアップが必要だと。

ベルリンに行った際に知り合ったNY在住の男性ボーカリスト、Andy Rodaのリミックスを手掛けました。これはiTunesでリリースされました。この頃から徐々にトラックメイキングにも慣れてきたんですが、閉め切り内に終わらせなければならない現実との戦いで、リリース後にはいつも「あーしとけば良かった」と悔しい思いをしています(笑)。

——DJに関してはどういった活動ですか?

私は地元が千葉なので、千葉市内のクラブから始めました。ある時東京で活動している知り合いのDJから、「明日都内で大きなイベントがあるのでそこでDJをしてみないか?」と誘われて、「ちょっと考えさせてください」と言ったんです。そうしたら彼が「YESかNOかを今言えない人はDJやってもしょうがない」って言うんです。「今後DJを続けていきたかったら明日DJやるかやらないかを今決めてくれ」とはっきり言うんでう。私は千葉県でしかプレイしたことがなかったので自信がなかったんですが、「やります!」と答え、それ依頼東京でDJを続けています。

——最初にいい人と出会えたね。強引ではあるけどそういうリーダーは何処の世界でも必要だと思います。音楽のプレイスタイルは?

クラブではテクノ、ミニマルで、ラウンジではブラジリアン、ラテン、ジャズ等、幅広く選曲をしています。どちらでのプレイも好きですが、先ほど話した通り私は友達に手紙を書くような感覚でDJをしています。常にお客さんが楽しんでくれていたら私は満足です。昔はDJが上手くいかなくて大泣きして家に帰ったこともありましたが、少しずつ選曲や私自身に工夫を加えていき、お客さんのフィードバックを徐々に感じられるようになってきました。今でもお客さんとの音楽のコミュニケーションが好きでDJは続けています。

——あれは確かロレアルのパーティーを僕がプロデュースする店舗で行った時かな。始めて宇田川 優にDJを依頼したんだよね。選曲も場を理解したもので好感が持てたんだけど、ファッションにもとても気を使って来てくれたんだよね。それが僕にはインパクトもあり、この人はしっかりとイメージトレーニングをしてきて、プロの意識で現場に向かい合うDJだなと思えました。さて、最近新曲をリリースしましたね?

はい、サックスプレーヤーのKennyをフィーチャリングしたミニマルトラック"Agate(アゲート)を配信リリースしました。

人並み以上にハードディスクでのバックアップの重要性を感じています

——制作の過程を教えてください。

Kennyから「一緒に曲を作ろう」と誘われました。私自身、サックスプレーヤーと共作をしたことはないので興味がありOKしました。その後すぐにふたりでミーティングを重ねました。私は曲を作る場合、イメージが先にしっかりないと着地点が見えなくなりがちです。そのイメージが時に色や質感、メタルのようなもの、木の感じと抽象的なんですが、私の中ではそういったキーワードが大切になります。今回のサックスとのコラボレーションで見えてきたイメージがダークな色で、マーブル模様のアバンギャルドなエッセンスでした。こんなイメージがパッと思い浮かんで、「絶対これ!」と思いそれをKennyに伝えたら彼はかなり困惑していました(笑)。

——(笑)そりゃそうだ。言葉ではなかなかそういったイメージは伝わりにくいもんね。

そうなんですよね。実はKennyはセッション的に色々と決めてやりたかったそうなんですが、ミュージシャン同士だとそれは可能だと思いますが、私の作るトラックと楽器ではフリーのセッションにはなりにくいので、自分としてはまずはイメージを決め、その後トラックを作り、それに合わせてKennyに吹いて欲しいと伝えました。仮のトラックが完成後に一緒にスタジオに入り、トラックに合わせて5〜6テイク吹いてもらい、その録音したサックスにさらに私が色を加え完成させました。出来上がりにはとても満足しています。Amazon、iTunes、Beatportでダウンロード出来ますので、みなさんも是非聴いてみてください。別バージョンでKennyのサックスのみの"Saxapella"というトラックもあり、DJはビートと絡めやすいと思いますので、こちらもお薦めです。

——みなさま、是非お聴きください。今後の宇田川 優のイメージはあります?

前回はKennyとの曲のコラボレーションであり、私の主人でエンジニアのNagも参加していますが、今後は自分だけで作ったEP(ミ二アルバム)をリリースしようと企画しています。現在曲を作っていてダンストラック中心のものになると思います。今までソロで手掛けたものは実はプレイステーションの曲のみで、他は人のリミックスであったり誰かとのコラボレーションであったりで、宇田川 優としてのカラーというよりはチーム色が強かったんですね。現在作っているものはまさに宇田川 優というカラーで満載になると思うので、是非楽しみにしていてください。

——楽しみにしています。では使用しているパソコンと、最近導入したバッファローのFirewire対応外付けハードディスク HD-MIBSU2シリーズについて聞かせてください。

制作ではMacBookProを2台使っています。音楽ソフトはAbleton Liveで、楽器はmoogというアナログシンセを使用しています。私の場合は打ち込みのドラムとmoogだけで音楽が作られています。バッファローは昔から好きで、現在使用しているものは無線LANとハードディスクですね。無線LANに関してはダウンロードがとても早く出来てお気に入りです。現在使っているHD-MIBSU2シリーズに関してですが、このハードディスクにはインターフェースがFireWire800がひとつとFireWire400がふたつ付いています。私が制作で使用しているインターフェースがあって、パソコンとミキサーの間にそれをつないで音を強化していますが、それがFireWire使用なんです。これはハードディスクとも接続させるものなので、このHD-MIBSU2だとFireWire同士でいけるので、スピードが早く、安心して使用出来るんです。それにターボUSBもついていて、様々な機材とつなぐことが出来るのもポイントです。それと、過去に私はレコードを1000枚ぐらい持っていて、それを全てデジタル化させハードディスクに入れて、そのレコードは全て手放したんですが、そのハードディスクが壊れ全てを失ったことがあるんです。先ほど話したプレイステーションでのトラブルの話も含めて、私はおそらく人並み以上にハードディスクでのバックアップの重要性を感じています。曲を作るようになってからはさらにデータのバックアップについては大切かつ慎重になりますよね。それからハードディスクはバッファローのものに変えたんです。周りのクリエイターでも使っている人が多く勧められたのもありますし、コストと内容のバランスもバッファローが一番だと思っていたので。このHD-MIBSU2は1TBという大きな容量を持ち、今でもなんのトラブルもなく安心して使用しています。音楽を作っているのでこのハードディスクのように音が静かなのも大事ですし、デザインもシンプルできれい。Macとの機能性の相性もデザイン性の相性もどちらもフィットしていますよね。安心と機能性、デザイン、私にはもう手放せないハードディスクなんです。

——うもありがとうございます。さらなる宇田川 優ワールドを期待しています。では最後に、宇田川 優のような音楽家になりたい人達にメッセージをお願いします。

自由にたくさん自己表現をしてください。今はインターネットがあるので、音楽を作ることで世界中の人とつながるチャンスがあります。

——今日はどうもありがとうございました。

Creator's Profile

本人写真

宇田川 優(うだがわ ゆう)/Vigoo

国内外のレーベルよりオファーを受け、楽曲提供やリミックスを手がけ、彼女の世界感を音楽で発信し続ける女性DJ/Music Creator。幼少の頃より、ピアノ、オルガン、打楽器に慣れ親しみ音楽と共に育ち、ロック、パンク、ヒップホップ、ファンク、レアグルーブス、ジャーマン プログレッシブロックに影響を受け、10代の頃にはギタリスト、ラッパーとしてバンド活動を行い多くのライブ経験を積み重ね、2000年よりDJとしてのキャリアをスタートさせる。
Moogなどのアナログ・シンセサイザー・サウンドをこよなく愛し、幼い頃より鍛えられたその音に対する徹底的なこだわりや、独自のテクニックを用いグルーヴを紡ぎ 幻想的な世界を作り上げるスタイルで人々を踊らせ続けている。
DJでの選曲は幅広く、テクノ、ミニマル、ハウス、ラテン、ブラジリアン、ジャズ、クロスオーバー、民族音楽、電子音などを紡ぎ空間を彩る。
2010年にはSony Playstation本体 (Torne・Vita)のメインメニューBGMとして"Blossom"を楽曲提供し、独特の癒しの世界感を披露し、世界中のゲーム・ファンの耳に留まった。 
同年、NYで活躍するヴォーカリストAndy Roda/ SHAKE YOUR THANG (Vigoo, Nag Remix)をリリース。さらに、NagとデュアルPCセッションLIVEユニット”Agelb”を始動し、2010年にWonkavaror(Wakyo)より"Squatters EP"をリリース。2012年は"Agelb"の”Gibeonが"OPERATION+81(Compiled by Kotaro)"にコンパイルされ、同年夏には北欧のレーベルUniform BeatよりA.R.D / Love is in your heart(Agelb remix)を、同年冬にはデトロイトのレーベルMINTECよりSophie Watkins, Amsandra Johanssonin- THIS ROOM (Vigoo Remix) をリリース。2013年5月にはMono BasicsよりAlex Einz-Immersion(Vigoo Remix) が Xhin Remixとともにコンパイルされ、6月にはサックスをフィーチャーしたAgelb「Agate feat. Kenny」を配信リリース。

Web Site:
http://www.dj-vigooo.com/

Interview Photo

※画像をクリックすると大きな画像をご覧頂けます。

画像01

DJプレイ中の宇田川 優。クラブでのプレイではVigooという名前で活動しています。どちらにせよキュート!

画像01

宇田川 優のスタジオ風景です。お気に入りのmoogとバッファローのハードディスクが並んでいます。女性サウンドクリエイターらしい清潔感もあります。

画像01

ここからは宇田川 優(Vigoo)による作品です。まずは"Love Is In Your Heart (Agelb-Vigoo & Nag Mix)"- A.R.Dです。2012年10月10日Uniform Beat(Playground Music Scandinavia)よりリリースされた、ヴォーカリストAndy Rodaのソウルフルでハートフルなゴスペル調の歌を、あえてダークでハードなテクノにのせたエネルギッシュなリミックス。Chris Liebing氏による名門テクノレーベルCLRのPodcast 207にて、人気テクノアーティストA.Mochi氏にDJ使用された話題の作品です。 【iTunes】 【Beatport】

画像01

そして" Immersion(Vigoo Remix)" - Alex Einz, Xhin Remixです。2013年5月13日"Mono Basics"よりリリースされた、ロングブレイクから始まる軽やかなミニマル・リミックス。Andrea ferlin氏、Helena Gallardo氏等、海外のDJ陣よりmystical !(神秘的)と賞賛され、Erphun氏のBeatportチャートにもランクインされました。 【iTunes】【Beatport】

画像01

そしてインタビューにもあったサックスプレーヤー Kennyをフィーチャリングした"Agate"です。話にあったようにダークな色のイメージで、マーブル模様のアバンギャルドなエッセンスをまさに音に変えたダンストラックになっています。 【iTunes】

画像01

プレーステーションでの制作のトラブル、そして大切なレコードのデータを無くしたことで彼女はバッファローのハードディスクに変えたと言います。そして現在使用しているのがこのバッファローの外付けハードディスクのFirewire対応「HD-MIBSU2シリーズ」。FireWireとの連結の便利さと、何よりも安心して使用出来る安全性を絶賛してくれました。

画像02

作業中の宇田川 優。次回リリースされるアルバムでは、全面に彼女のカラーが出たダンスアルバムになるといいます。楽しみですね。

画像

宇田川 優に会ったのは3年ぐらい前。僕がサウンドプロデュースを手掛けるレストランでDJをしてもらってから、大事なブランドとのコラボレーションパーティーでは常にDJをしてもらっています。それぐらい僕は彼女の現場での「姿勢」を信頼しています。お客様を喜ばせるという気持ちは持っていてもなかなか前には出せないもの。でも彼女は常にコミュニケーションを大切にしたプレイをしてくれます。新作も楽しみ!どんどんと世界に羽ばたいていって欲しい女性クリエイターです。

Creater's Favorite Foods

クリエイターのお気に入り料理

宇田川 優の好きな料理 ”この一品!”
「水菜とイカのスパゲッティー二」

宇田川 優曰く、「近所にあるイタリアンレストラン "ATSU MARE"の水菜とイカのスパゲッティー二です。ランチでよく利用しますが店内も小さめで可愛く、パスタもゆで方、味付け、最高です。女性客も多く安心して入れるお店でもあります。」

今回登場した製品

製品写真

USB2.0/eSATA/FireWire800/400用 外付けHDD for mac HD-MIBSU2シリーズ

Macにマッチするデザインのアルミボディー、Mac搭載の高速接続規格「FireWire800」対応、Mac OS X用バックアップソフトウェア「Memeo LifeAgent」を添付するなど、Macユーザーに嬉しい機能が満載です。

HD-MIBSU2シリーズ製品ページ

 
外付けハードディスク  製品ページ

USBケーブルなどでパソコンに簡単に取り付けでき、大容量のデータが保存可能なストレージです。

 

おすすめ情報

一覧を見る