サイト内検索&Quick!ナンバー

バッファローホーム ショッピング サイトマップ

HOME > @PROFESSIONAL USERS クリエイターズインタビューby LAVA > 27 アートディレクター 飯島 広昭


@PROFESSIONAL USERS クリエーターインタビューby LAVA  
27 色再現性もいい!音もいい!デザイナーにおすすめの液晶ディスプレイ。
本人写真
本人写真
アートディレクター 飯島 広昭

飯島広昭(いいじまひろあき)

70年東京生まれ。美大卒業後94年北山創造研究所入社。企画推進、プランニングアシスタントを経て、現在同社アートディレクターとして幅広い分野のプロジェクトに参画。99年、新しいデザインプロジェクト、エナジールーム発足。企業のCI、ブランドのVI、パッケージデザインから映像制作の企画、デザイン制作等、表層的なデザインではなく、つねに消費者の視点にたち、プロジェクトが発信するスタイルやイメージ、プロセスを重んじた包括的なデザイン創造を主軸に活動。

株式会社 北山創造研究所
東京都港区西麻布1-9-7
TEL:03-3404-8419/FAX:03-3404-8295
http://www.kitasou.com

――始めてここの会社に来ましたが、素晴らしい仕事場ですね。

ここはもともとキューバの領事館だった場所で、そこを改造して創ったものです。仕事場としての雰囲気は最高ですよ。本や資料の数も莫大で、みなさんここを訪れるとその数にびっくりされています。

――いや、本当に羨ましい。ではまず飯島さんがこの世界に入っていったストーリーを聞かせて下さい。

小さい頃から絵を描く事や音楽を聴く事なんかは大好きでした。学生時代はずっと音楽をやっていました。そうすると人を集めてライヴなんかするでしょ。今はフライヤーって言うけど、昔は”チラシどうしようか?”とか”バンドのロゴマーク”を作らなきゃ”とか、僕のバンドを人に伝える為の資料作りなんかにも一生懸命でした。当時はレタリングやスクリーントーンなんかを使ってこつこつチラシを作っていましたね。

インタビュー画像2

飯島さんが所属する北山創造研究所の門に描かれていたロゴ。何もかもが素敵な会社でした。


色んなレコードのデザインなんかを真似て作っていました。マックが世の中に出て来たのは1986年でしたから、まだ当時は手で全てやってましたね。そんな作業が好きでした。18歳になったある日、父親に話しがあると言われて行ってみると彼が仕事でロンドンに転勤になるという話で”お前も行くか?と言われて。

インタビュー画像1

カフェカンパニーのシンボルとして制作されたもの。シンプルの中にもメッセージがあります。

――お、それはもうふたつ返事でしょ。

そうですね。もう絶対行きたいって感じで。父