サイト内検索&Quick!ナンバー

バッファローホーム ショッピング サイトマップ

HOME > @PROFESSIONAL USERS クリエイターズインタビューby LAVA > 33 神尾卓次 デザイナー


@PROFESSIONAL USERS クリエーターインタビューby LAVA  
33 大容量で安心して保存できる、冷却ファン付ハードディスクがうれしい。
本人写真
本人写真
神尾 卓次 デザイナー

鎌倉市出身。
1998年The University of Kansas, School of Architecture卒業。
1999年サンライズジャパン一級建築士事務所を経て、2003年よりフリーランス活動開始。
2007年株式会社いちい神尾デザイン室設立。

2002年JCDデザイン賞優秀賞をはじめ、その他受賞歴多数。主な業務内容:商業店舗・住宅および建築物の企画・デザイン・設計・施工。グラフィックデザイン。家具什器デザイン。

□URL:http://www.kamiodesign.com

インタビュー画像1

東京、恵比寿にあるオフィスです。みなさん相当忙しそうにしていました。

――初めてデザインへの興味を持った頃って覚えていますか?

ええ、僕には8歳年上の兄がいまして、彼が大学受験で建築学科を選んだんです。兄はそのまま建築家になりましたが、当時小学生だった僕は彼の勉強する姿を見て何か影響されたんだと思います。それとちょっと恥ずかしい話しではあるんですが、僕の家は絶対におもちゃを買ってくれなかったんです。なので隣の家に行ってはトミーのミニカーやラジコンで遊ばせてもらったんですけど、やっぱり自分のおもちゃが欲しいと思って紙でラジコンなんかを作ってました。

――――僕の様な手先が不器用な人間には信じられない話しですよ。

本人は必死でしたからね(笑)。それでものを作る事が好きになっていったんです。それで次第に将来の職業として、作る事、アートっぽい事をしたいなと思うようになりました。ただアーティストになるような度胸はなかったんですね。普通の仕事でなんかアートっぽいものがいいかなって思ってました。


――それって小学生の時の夢ですよね?ませてますね、アートっぽいとか。

やはり兄の影響でしょうね。ただ高校に進むといきなりハードロックバンドを結成して歌いだしました(笑)。なんかボーカリストとして表現する事が好きになってしまったんです。

――うん、それも分かる。

それで急に「世界に出よう!」と決心してアメリカの大学に進む事に決めたんです。

――それはハードロックが何か関係してたんですか?


いやいや(笑)、建築を選びましたよ。建築を学ぶならアメリカだなと思ったんです。でも建築をやろうと思ったんですが何故か数学部に入ったんです。数学もいいかな?ロックもいいな。なんて行ったり来たりな感じでしたね(笑)。

インタビュー画像2

神尾さんが最近手掛けた熊本県のデンタルクリニック。この外観!全く歯医者さんとは思えないこのモダーンさ。驚きです。


――日本語での数学の授業もちんぷんかんぷんだった僕としてはアメリカで数学を学ぶなんて想像もつかない話しですよ。

インタビュー画像3

そしてこれが中。こんな中で治療してもらったら気分がいいんでしょうね。素晴らしいデザインが各所にほどこされています。

ただね、アメリカ人の数学好きは半端じゃないんです。もうえらく賢い!数学マニアでしょうね、あれは。なんか僕には無理だなって感じてきたんです。それで建築学部に移動しました。その遠回りのおかげで「自分はやはり建築がすきだな」って分かったんです。

――アメリカで建築を学んだ事で一番印象に残っている事ってありますか?


アメリカ人と一緒に勉強していると分かった事があって、建築家を目指しているアメリカ人は日本のレベルよりも建築に対して想いが深いんです。建築が大好きなんです。僕らが興味があって好き、なんていうレベルよりもそれは遥かに上の想いなんです。彼等と同じフィールドでやるには自分は彼等よりも建築への想いが少ないなって気付いたんです。奴らにはかなわないなって。


――――なんか分かりますね。僕も3年前にアメリカでシングルをリリースした時に、プロモーションとDJでニューヨークに長い間いましたが、彼等に比べて自分のエネルギーの弱さに気付くんですよね。音楽のレベルとかではなく、人間としてのオーラにやられてしまったんです。「あー、自分は小さいな」って感じて、何日間かホテルに引きこもってた記憶がありますよ。

まさにそんな感じでしたよ。それで僕の場合は建築を諦めてしまったんです。7年間アメリカにいて最終的にはやめちゃったんです。それで26歳で帰国して「よし、音楽だ」と決めて、あるレストランで弾き語りを始めました。

――凄い展開になってきましたね(笑)。

ただね、実際に音楽でやってみようとは思ったんですが、今まで過ごしてきたアメリカでの記憶が頭から離れなくって。そして当時よりもより建築への想いが熱く、深くなってきている自分がいたんです。それでやはり諦めきれずに「自分もやれる、建築家になろう!」と思って、デザインの仕事を始めようと決心しました。それでアルバイト誌を見て、サンライズジャパンというデザイン会社に就職しました。色々そこでは学べました。家や店舗のデザインからすぐに始められたんです。その頃手掛けたものでNEWS DELI(ニューズデリ)なんかがありますね。ここは店舗デザインを手掛けました。当時は作れば作る程自信がついていきましたね。ただここの社長には本当に色んな事をやらされました。NEWS DELIのお客さんの呼び込みもしました(笑)。それと週に1回何処かにプレゼンをしました。いきなりセブンイレブンの社長に会ったり、森ビルに行ったり。僕は社長と行くんですが、「よし、ではお前やれ」みたいな感じで、彼の見ている横でプレゼンを始めるんです。それを週に1回、結局は2年やりましたから、100本ですよ(笑)。これは鍛えられましたね。そして3年いる間にbmaという美容院の店舗デザインでJCDデザイン賞の優秀賞を取りました。 やるからには30歳までに何かの結果を残したかったので、その後フリーランスになる自信をその賞を取った事で得ました。それでディープデザインという会社と一緒に組んで仕事を始めました。

インタビュー画像4

最近のお仕事は全てこの中に詰まっているというバッファローの外付けハードディスクHD-HC400IU2 (+ OP-FAN)。


――現在手掛けている仕事と、神尾さんのデザインのモットーを教えて下さい。

今手掛けてるのは、ロンドンのコスメショップ、マレーシアのスパと飲食店、ハワイの飲食店、後は日本だと飲食店が3つ、4つ入ってますね。僕のデザインへの考え方は、シンプルなものが潔いと思ってます。ただ、必要と思えるものがごちゃごちゃあるのはいいと思います。あとはお客様が具現化したい事を僕らのフィルターを通して、そのニーズにこたえられればと思っています。

インタビュー画像5

現在進行中のマレーシアの物件の図面を見せてくれました。それも全てバッファローのハードディスクに入っているそうです。

――やはりパソコンを使っての仕事が主ですか?

そうですね。殆どの作業はパソコンで行ってます。プレゼンでも最近はイメージをCGで作ります。僕が仕事を始めた頃はその都度手書きでやっていましたけどね。今は店舗、家のイメージは全てCGですね。図面書きもパソコンです。プレゼン自体は昔は紙プレゼンが主体でしたが、最近では資料をパソコンで作り、ノートやCD-Rでそれを持って行って、プロジェクターを使用してプレゼンというのが多くなってきていますね。なのでパソコンの頻度は高くなってきました。そういった事を考えるとハードディスクにデータを保存する事自体がとても重要な事になってきましたね。

――神尾さんがお使いのバッファローの外付けハードディスクHD-HC400IU2 (+ OP-FAN)についてお聞かせ下さい

まず何より容量が多い事がありがたいです。普段僕は仕事のデータ等をiPodで持ち歩いています。僕はiPodだけを持ち歩いて、ノートは重いからあんまり使わないんです(笑)。何故かと言うと最近はカフェとかに自由に使えるパソコンがあるでしょ?それを使ってイメージが浮かんだりするといきなりカフェで仕事開始!みたいなね。何処にいても仕事が出来るようにするんです。それで会社に戻って、すぐにこのハードディスクにバックアップをとります。


400GBありますからね。何でも入りますよ、本当に。それでまた外に出て新しいイメージを探しに行くって感じです。ただ最近の仕事では57GBぐらいすぐにいってしまうんです。竣工写真だけでもひと物件だけで1GBぐらいはかかりますから。大切なデータも常に保存しなければいけませんよね。でもこのバッファローのハードディスクにはかなり安心してバックアップを保存していけます。あと良い所はこの冷却ファン。クールダウン出来るのは便利ですよ。それと配線がUSBとファイヤーワイヤー(IEEE1394)の2つを選べるようになっていて、ファイヤーワイヤーを使えば高速で作業が出来ます。パソコンまるごとバックアップとっても30分ぐらいで全て終わりますからね。それとオートバックアップも出来ますしね。かなり前からバッファロー製品は愛用していますが、コストパフォーマンス、内容、どれも気にいっていますよ。

――では最後に神尾さんのようなデザイナーを目指す人達にメッセージをお願いします。

アメリカではいかに建築を好きになるかを学びました。要は好きになるように努力をしてみる。好きになる事を繰り返す。そうすると意外に面白くて色んな世界が見えて来るはずです。

――今日はどうもありがとうございました。

インタビュー画像6

神尾さんはLAVA氏のDJパーティーにはよく遊びに行くそうです。そこでも何かアイデアが浮かぶのかもしれませんね。



料理写真

 

クリエイターの好きな料理“この一品!”
「海南鶏飯」:神尾さん曰く
「会社の近くにある海南鶏飯食堂2のメインディッシュ“海南鶏飯”です。一緒に付いてくる3種のタレをつけて食べます。これが本当に美味しい。週1で必ず食べています」
との事です。

インタビューの様子もご覧下さい。
Quick Time Player
Windows Media Player(50k)
Windows Media Player(250k)
Windows Media Player(700k)

HD-HCIU2シリーズ&OP-FAN 製品写真
「ヒートシンクボディ」で優れた放熱性能。オプション冷却ファンを装着すればハードディスクがさらに長寿命化します。添付のセキュリティソフト「Secure Lock +Guard(セキュアロックプラスガード)」で悪質なウイルスや情報流出から情報をガード。また、バックアップソフトやデータ消去ソフトなど添付ソフトも充実。

HD-HCIU2シリーズの製品ページへ
OP-FANの製品ページへ
TOP



※記載されている価格は希望小売価格であり、消費税は含まれません。※日本語OSのみサポートしております。We provide technical and customer support only to Japanese OS.
ホームページに関するお問い合わせ プライバシーポリシー copyright
メルコグループパソコン周辺機器 バッファロー