• ショッピング
  • 製品・サービス一覧
  • 対応情報
  • ダウンロード
  • お客様サポート
法人のお客様
HOME > @PROFESSIONAL USERS インタビューby LAVA > 52 山本 加津彦 作曲家

@PROFESSIONAL USERS インビューby LAVA

山本 加津彦(やまもと かつひこ)

52 作曲家

本体にケーブルを巻き付けるこのポータブルHDDの素晴らしいアレンジに感動

第52回目の@PROFESSIONAL USERSは作曲家の山本加津彦さん。若干29歳でJ-POP界に旋風を巻き起こさんばかりに大ヒット曲を量産し続けている若き作曲家。その制作現場はいたってシンプルだが、最近導入したバッファローのポータブルハードディスク、HD-PF500U2-WHが大活躍とのこと。早速LAVAが山本さんが作家契約を結ぶ、東京・青山にあるSony Music Publishing(SMP)に伺い、お話を聞きました。

プロクリエイターが選んだ製品 ターボUSB/耐衝撃/巻きピタケーブル収納 USB2.0用 ポータブルHDD HD-PFU2-WHシリーズ
 

19歳になるまで音楽に全く興味がありませんでした

――音楽に目覚めていったきっかけを教えてください。

僕は出身が大阪なんですが、19歳になるまでは音楽には全く興味がありませんでした。小学生の時に進研ゼミで、勉強してシールを集めたら30鍵盤の小さなおもちゃのキーボードがもらえたんですが、僕はキーボードを見事にゲットしました(笑)。でもそれは和音も鳴らないし、単なるおもちゃとして遊んでいただけでした。学生の頃はバスケットボールや野球をしていた記憶しかありません。それぐらい音楽とは無縁の生活をしていました。でも19歳で転機が訪れるんです。

――お、きたね。

高校を卒業して僕は1年間浪人をしました。受かった大学はあったんですが、なんか先が見えないかなって思いまして、そこに行くのはやめました。合コンに行って遊んで終わってしまうような。スポーツは高校までと決めていたので、この先自分は何が出来るんだろうと悩んでいた時期でもあったんです。それでとりあえずアルバイトをして受験費用を稼いでいました。勉強中の自分は机の上で人生すらも考えてしまうようになっていました。それで上智大学に受かったんですが、上京する前に合格祝いとして高校の先生がご飯を食べにいこうと誘ってくれたんです。

――いい先生だね。

はい。女性の先生だったんですけど。それで行ったレストランにピアノがあったんですね。ピアニストがジョン・レノンの"LOVE"をインストで演奏したんです。その曲はジョンの中でも僕が一番好きな曲で、どうしても僕も"LOVE"をピアノで弾いてみたいと思ったんです。

――シンプルだけど美しい曲だもんね。なんか分かるような気がします。

それでカシオトーンを買いにいきました(笑)。2万円だったかな。それは光る鍵盤というオプションがついていて、初心者でも弾きやすいようにプログラムされていました。それとジョンの"LOVE"の譜面も読めないんですが買ってみました(笑)。

――ま、なんでもやってみないとね。

ただ買ってはみたもののさっぱり分からずで。でも幸運にも母がピアノを弾けることが発覚!(笑)。「ピアノにはコードってものがあるのよ」と教えてくれました。"LOVE"を弾くにはまずコードを把握しなければならないという事実に気付き、上智大学に行く前の1ヶ月間はひたすらコードの勉強をしました。でも結局は弾けずに、カシオトーンと"LOVE"の譜面、「はじめてのキーボード」という本、この3点セットを持って上京しました。

――でも人生とは分からないものだね。レストランのピアニストに出会わなければ今の山本君はいないんだもんね。その後は?

大学入学後は大学のゴスペルサークルに入りました。キーボード担当で加入したんですが、弾けずに脱退(笑)。このままじゃ駄目だ!と思い、部屋で毎日8時間ぐらい練習していました。そしてようやく訪れた初ライブは自分の住んでいた大学の寮での感謝祭のパーティー。でも合唱の伴奏でなんとなく弾いていた感じでしたね。それからしてSoil"Pimp"Sessionsの丈青さんの演奏に触れる機会があって「これだ!」と思い、弟子にしてくださいと頼んだんです。最初は断られたんですが、しつこく何度もトライしてようやく弟子にしてくれました。そこから大学4年間は、週に2〜3回は丈青さんのライブに行き、センスを学べと丈青さんから言われていたので、彼のプレイをひたすら吸収しようとすることで精一杯の日々でした。でもようやく大学のゴスペルサークルには戻れました。ピアノが弾けるようになりましたからね(笑)。それに僕はライブという現場で働くミュージシャンからの直接の指導がありましたから。これが何よりも強いものでした。そしてそのゴスペルサークルで出会った人達と僕は今でもバンド活動をしています。

ひたすら曲を作る中で有名アーティストに曲提供できるまでになりました

――なるほど。聞けば聞くほど面白い展開だね。それで卒業後は?

とにかくピアニストとして修行がしたかったんです。有名になりたいわけでもなく、お金持ちになりたいわけでもなく、自分より遥か彼方にいるミュージシャン、ピアニストのようになりたかったんです。

――それでどういう理由で今の作曲家としての活動につながったの?

サークル仲間と始めたAo-Nekoというバンドのライブを見に来てくれた友人が僕の曲を評価してくれて、そのバンドの曲をプロの歌手の人に提案する機会に恵まれたんです。その歌手の方がいるレコード会社の人にもっと曲を持ってきて欲しいと頼まれたんです。そこから1年間はデモを作ってはMDに入れて、レコード会社に持って行く日々でした。それからしてソニー・ミュージック・パブリッシングのデモテープオーディションに受かり、コンペがあると僕が曲を作るという作業を開始しました。そして2年前の秋にjimamaの「風便り」という曲で作曲家デビューを果たしました。

――展開は面白かったけど、実際にはちゃんと自分の実力で勝ち取ったことだったんだね。

そう言われると照れますが(笑)。その後はコンペがあるとひたすら曲を作り、今年の1月に発売されたケミストリーの5枚目のアルバム"Face To Face"のラストナンバーに僕の曲が採用されました。「ふたりの足跡」という曲で、もともとは自分の友人の結婚式の為に作った曲でした。有名なアーティストが歌ってくれた達成感はありましたが、本音を言うと原曲とは違った歌詞が乗ったので、「もっと頑張らなければ」とさらにエンジンがかかりましたね。

――最近ではどんどん作っているみたいだけど、他の作品も教えてください。

イ・ドンゴンという韓国の俳優が日本で歌手デビューすることになり、僕の作品をコンペに出したら、本人も気に入ってくれて、曲、プラス作詞も書かせていただきました。

――やったね。イ・ドンゴン、声もいいよね。(ふたりでその曲を聴く)お、いい曲だね!

ありがとうございます。この曲は「ツキアカリ」という曲です。僕が仮の歌を入れたんですが、彼はそのとおりに歌ってくれたので、甘い感じですよね。僕もとても気に入っています。それとJUJUというソロアーティストの「空」という曲を作詞、作曲で採用してもらえました。これは5年前に作ったものですが、今でも輝きを失っていなかったことが嬉しいです。このタイミングで福井舞さんというシンガーが「恋空」というドラマの主題歌でデビューするという大きな企画があり、このシングルの作詞、作曲をさせていただきました。ダウンロードだけでも100万ありました。

――なんかぞくぞくと決まるね。でも自分の曲がそうやって世の中にどんどんと広がっていくのってどんな感じがします?

大きく世の中に出ていくことは単純に嬉しいです。僕はピアノと歌だけで曲を作ります。この作業に関してはもう自分のスタイルになりつつあるので、今後はストリングスのアレンジメントや、サウンドアレンジメントにも興味があります。元々はJ-POPを作りたくて音楽を始めたわけではないので、まだ一部分でしか僕は音楽には関われていない気がします。決まった枠におさまらずに、無限に広がる自分の可能性を持ち続けていきたいです。

家でも公園でも作曲、持ち運びに便利なHDDで仕事の容量も増えました

――では山本君が最近かなり助かっているというバッファローのポータブルハードディスク、HD-PF500U2-WHについて教えてください。

作曲の仕事をきっかけに、先ほど話したアレンジの仕事が増えてきているんです。ボーカルアレンジやストリングスアレンジの仕事です。なので新しい機材が必要になってきました。そこでバッファローのポータブルハードディスク、HD-PF500U2-WHを取り入れたんです。基本的に僕は必要最低限の機材しか使わないんです。まずはこのノートパソコン、そしてマイク、あとはそれをパソコンにつなぐためのインターフェース、この3つです。これを持ち運んで曲を制作しています。だから公園でも仕事をしちゃいます(笑)。これだけあれば自分の中では色々とやれると思っているんです。このキャパシティーを超えた時に機材を付け加えればいいと思っていました。

現在、超えてしまったキャパを補ってくれているのが、このバッファローのポータブルハードディスク、HD-PF500U2-WHです。僕の作曲の作業に必要だった3点セットが、遂に4点セットになったんです(笑)。これが増えたことによって、現場にパソコンを持っていって作業していたことが、このハードディスクにデータを入れるだけで済んでしまいました。後はスタジオでの録音したデータをこれに入れてもらい、家で作業をします。今までの3点セットだけでは出来なかったことが、このハードディスクが増えただけで、もの凄い広がりを生み出しています。仕事もスムーズに進むようになりました。現在僕が使用しているこのノートパソコン自体はたいした容量もないんですが、新しいパソコンを買う必要もなく、このハードディスクだけで十分作業が出来ます。容量も500GBあり、持ち運びも便利。あと、僕はすぐにコードやケーブルを絡ませてしまう人なので、本体にケーブルを巻き付けるというこのアレンジメントは素晴らしい!僕も音をアレンジする仕事なので、このハードディスクのアレンジにはやられました。さすがです。これからは仕事の容量が広がったぶん、このハードディスクを使って良い曲を生み出していこうと思います。

――どうもありがとうございます。では最後に山本君のような作曲家を目指している人達にメッセージをお願いします。

大切なのは音楽そのものであり、それを生み出すことです。機材に費用をつぎ込むだけでは表面的な活動になってしまいます。僕はギター一本で表現出来る音楽が素晴らしいと思っています。なので表現するために必要な機材をそろえて欲しいですね。

――今日はどうもありがとうございました。

 

 

 

Creator's Profile

本人写真

山本 加津彦(やまもとかつひこ)

1979年7月17日生まれ。大阪府泉大津市出身。19歳で上京。20歳でピアノを始める。丈青(Soil "Pimp" Sessions)に師事、ピアノだけに留まらず多くを学ぶ。ピアノ修行の傍ら作詞・作曲もするようになる。川島葵とのユニットAo-Nekoの曲が評価され、それより楽曲提供を始める。現在Sony Music Publishing専属作家。最近は作曲のみならず、ストリングスアレンジや、ボーカルディレクション演奏活動にも励む。自身のバンドで2009年2月22日、東京キネマ倶楽部でのワンマンライブが決定。現在はそれに向けコツコツ活動中。

【主な作詞・作曲】 
< 福井舞 >
・「アイのうた」作詞作曲
 ※デビューシングル(TBSドラマ「恋空」主題歌)

< JUJU >
・「空」作詞作曲
 ※7thシングル(映画「しあわせのかおり」主題歌 中谷美紀・藤竜也主演)

< chemistry >  
・「ココロとコトバ」
  ※5th album「 Face to Face」収録  

・「恋する雪 愛する空」
  ※25th single (日清カップヌードル・ミルクシーフード味CMタイアップ)

< イ・ドンゴン >
・「ツキアカリ」作詞・作曲
 ※日本語デビューシングル 
・「Your Song」作詞
 ※「ツキアカリ」カップリング 
・「Biography」作曲
 (Alubm「MyBiography」収録)

http://ao-neko.net/

Interview Photo

※画像をクリックすると大きな画像をご覧頂けます。

画像01

東京・青山にあるSony Music Publishing(SMP)で作業をする山本君。僕なんてここじゃ作業はさせてもらえません。さすが売れっ子作家!

画像02

いきなりケミストリーが歌ってしまう曲を作ってしまった山本君。ここから快進撃が始まります。

画像03

そして遂には韓国のスーパースター、イ・ドンゴンにも「ツキアカリ」を提供。僕はこの曲いいと思いましたよ。彼は歌も上手い。

画像04

本人が5年前に作った曲が採用されたJUJUの「空」。音楽って財産ですよね、本当に。

画像04

遂にはドラマタイアップソングまで作った山本君。優れたメロディーラインを持つ曲です。

画像05

今までの作曲3点セットが遂に4点セットに!作業上で相当助かっていると山本君大絶賛のバッファローのポータブルハードディスク、HD-PF500U2-WH。これを使ってたくさんヒットを出してね。

画像06

久しぶりに若い才能に会いました。それに彼はとても前向きでチャレン
ジャー。たくさんの良質な音楽を世界に発信してもらいたいです。

Creater's Favorite Foods

クリエイターのお気に入り料理

「北海道枝幸町のホタテ」

山本さん曰く「北海道枝幸町のホタテです。
2年に一回くらい、ライブで行くのですが、剥きたてのホタテを刺身や焼きで食べさせてくれます。大きさもさることながらオホーツク海の香りと併せて、衝撃的な美味さです。」

今回登場した製品

製品写真

ターボUSB/耐衝撃/巻きピタケーブル収納 USB2.0用 ポータブルHDD HD-PFU2-WHシリーズ

転送速度を向上する“ターボUSB”機能を搭載。耐衝撃構造にケーブルフィット機構を搭載した、おすすめのポータブルHDD。

HD-PFU2-WHシリーズ製品ページ

 
 

おすすめ情報

一覧を見る