• ショッピング
  • 製品・サービス一覧
  • 対応情報
  • ダウンロード
  • お客様サポート
法人のお客様
HOME > @PROFESSIONAL USERS インタビューby LAVA > 60 Terrassy(テラシィイ)

@PROFESSIONAL USERS インタビューby LAVA

Terrassy(テラシィイ)

60 バンドマン

このポータブルHDD、バッファローの傑作だと思います

第60回目の@PROFESSIONAL USERSは、ギタリスト&生涯バンドマンのTerrassy(テラシィイ)さん。ショコラータ、スリル、東京スカパラダイスオーケストラと、日本の第一線バンドで活動を行い、現在も音の最先端を行く数々のバンドで、その個性あふれるギターサウンドで聞くもの達を魅了し続けている。そのテラシィイさんは、バッファローの公衆無線LAN FreeSpotのテーマソングを手掛けたその人でもある。最近発売のバッファローのポータブルHDD HD-PX500U2-RD(500GB・ルビーレッド)を自身の制作にも取り入れているということで、早速LAVAとバッファローの永井くみえさんが東京、信濃町にあるテラシィイさんの事務所を訪れ、お話を伺いました。

プロクリエイターが選んだ製品 ハードウェア自動暗号搭載USBポータブルハードディスク HD-PXU2シリーズ
 

ハードロックからYMOまで色々な音楽をやってきました

――LAVA(以下L):実は僕はテラシィイさん所属のデミセミクエーバーの大ファンです。あんなにかっこ良く、素晴らしいと言えるバンドはなかなかいませんよね。ザ・スリルのライブも観ていますよ。なので、今日はとても楽しみに来ました。その興味深いテラシィイさんの、音楽を始めていったキッカケから教えてください。

元々父親はジャズが好きだったので、小さい頃から良質な音楽には触れていました。僕が中学生の頃は、全米トップ40のような、いわゆる洋楽と言える音楽は聞こうと思わなければそうは簡単には聞けない時代でした。でもラジオで聞けることもあって、「これはかっこいい!」と単純に思いましたね。僕はブリティッシュロックと言われるものに当時は惹かれていくんですが、そのジャンルのレコードを持っている友達がいて、僕は買うお金もなかったので、彼に借りまくりましたね。クリームやエリック・クラプトン、ディープパープル。いわゆる正統派ブリティッシュロックです。そしてリアルタイムで体験したのがアメリカのハードロックバンドキッスです。

――L:キッスは当時、僕が小学生の頃に、NHKで日本公演のライブを中継したんですよね。今でも忘れませんよ、あのジーン・シモンズの斧のベースと、口から血を吐き出している映像は。

確かに衝撃的でしたよね。

――L:楽器を弾くのもその頃からですか?

そうですね、中学生の頃から楽器を弾いていた友人は結構いましたね。それで僕も中学3年生の時に親にエレキギターを買ってもらいました。なんかやっぱりギターなんですよね。弟も同時にアコースティックギターを買ってもらっていました。兄弟平等ということで(笑)。それで高校受験時に、志望校に受かったらドラムを買ってあげると母親が約束してくれたんですが、結局は高くて買ってもらえませんでした(笑)。なので代わりにベースを買ってくれたんですが、ベースってひとりで練習していても面白くないんですよね。ギターアンプにつないで弾いてみるんですが、なんだか一向につまらない。なのでギターにまた復活していきました。高校の文化祭ではバンドを結成して、ゴリゴリのハードロックをプレイしていましたね。

——L:音楽に向かわせた決定的なエピソードはありますか?

僕が通っていた高校は横浜にあって、とてつもない坂道の上にあり、その坂を上るのが嫌だと言う理由だけで、バスを利用していました。ある日、ものすごく遅刻をして、坂の下でバスをいらいらしながら待っていたんですが、そのバスが満員で乗れなかったんです。それでなんだか嫌になってしまい、学校には行かないで、横浜駅にそのまま遊びに行きました(笑)。

——L:えっ、バスに乗れないだけの理由でですか?

(笑)、まあそうなんですが、いつも朝は怖い先生が門の所に立っていて、遅刻するとものすごく怒られるのと同時に、生徒手帳も取り上げられちゃう(笑)、それが嫌でね。

——L:でも学校さぼった方がもっと怒られそうですけどね(笑)。

まあそうなんだけどね(笑)。それで駅前にあるデパートのモアーズだっけな、そこの屋上で弁当食べたりして。それでその後に楽器屋に行ったんです。お店の中でプロモーションビデオが流れていて、よく見るとドラムのスネアがめちゃくちゃ分厚くて、タムが機械みたいで、みんな人民服を着てました。それがYMOだったんですね。その衝撃は大きかったですね。で、やはり僕もやりましたよ。もみあげ切ってテクノカット(笑)。

——L:噂ですけど、また密かに流行っているみたいですよ、テクノカット(笑)。

えーっ、やめた方がいいよ(笑)。

——L:ですね。

それでトリオ(ギター/ベース/ドラム)のバンドで、YMOのコピーバンドをやってました。

——L:他に影響を受けたギタリストはいますか?

デビッド・ボウイの"Stage"というライブアルバムでギターを弾いてたエイドリアン・ブリューは好きでしたね。その後彼はキングクリムゾンにも加入しますね。象の声をギターで出しちゃう。後はジャングルビートを呼ばれるものが結構好きで、バウワウワウやトーキングヘッズにもはまりました。

ショコラータ、ザ・スリル、東京スカパラ、そしてふらふらと(笑)

――L:そこからは音楽の日々ですね。

高校、大学と音楽に明け暮れました。モヤっとプロになる意識はありました(笑)。大学は美大だったんですが、洋服のデザイナーも目指していたんです。殆ど学校には行きませんでしたけどね。当時、早稲田大学の音楽サークルに誘われ在籍していたんですが、そこに、かの香織さんがいまして、彼女の「ショコラータ」というバンドに誘われました。ちょうどショコラータのリズム隊がそのまま「ピンク」というバンドがデビューするにあたって、みんなそこに行ってしまい、ショコラータのドラム、ベース、ギターがいなくなってしまったんです。そこで僕がギターで参加して、他のメンバーの横山さんと棚沢さんも僕が誘い加入してもらいました。ファーストアルバムは白井良明さんがプロデュースしてくれて、2枚目は立花ハジメさんでした。ただ僕が23歳の頃にショコラータは突然活動を停止して、いきなり職を失いました(笑)。それで、ショコラータの事務所の社長のお兄さんがやってた、画材やポストカードを販売しているアートショップでアルバイトを始めました。そこからしばらくは鳴かず飛ばず(笑)。そんな時にアルバイト先の友人が、あるバンドがギタリストを探しているというので加入しました、「カッティングエッジ」というバンドで、アイルランドのウインドミルレーンという、あのU2も使っていたスタジオでレコーディングしました。でも結局は27歳の時に脱退。そこからがまた地味な生活で、アートショップにまい戻りました(笑)。

――L:なかなか浮遊していますね(笑)。その後、「ザ・スリル」ですよね?

はい、ショコラータの事務所の社長が「ホーンをいっぱい入れてスパイ音楽みたいなのをやりたい」と言い出して、そこでザ・スリル結成です。すでに活動していた「東京スカパラダイスオーケストラ」のトロンボーンの北原氏は僕の高校の同級生だったんですが、スカパラのギターが抜けるのでやってくれないかと話が来て、サポートで入りました。結果、スリルとスカパラの両方で活動していました。その後30歳でスリルを脱退して、東京スカパラダイスオーケストラに正式加入しました。5年間在籍しましたね。そこからはふらふらっと今に至ります(笑)。

――L:なるほど、テラシィイさんらしい経歴というか、テラシィイさん以外では実現出来ない活動ですよね。実はバッファローの公衆無線LAN FreeSpotのテーマソングを作っていますよね?(ここで聴けます

バッファローの永井さんから依頼がありまして、制作費があまりなかったので、永井さんに歌詞も考えてもらい(笑)、知り合いのボーカリストに頼み、なんとか作り上げました。あの予算でよくここまで作れたなとは正直思いますね(笑)。5バージョン作りましたから。地球博にも絡めて、ビデオも制作したんですよね。

——永井:私、作詞をさせていただいたんですが、本名の永井くみえではなく、作詞名として「蘭くみえ」で登場しています。本気で夢の印税生活を狙っていたんですよ。

(一同笑)

録音データの持ち運びが欠かせない僕にはピッタリのHDD

――L:さて、テラシィイさんはかなりのバッファローユーザーだとお聞きしていますが、今回はポータブルHDD HD-PX500U2-RD(500GB・ルビーレッド)を使用しているとのことですが、パソコンと、そのHDDの用途を教えてください。

まずデスクトップのパソコンは家にあります。ノートとインターフェース、そしてこのバッファローのポータブルHDDがモバイル環境ですね。主にこのHDDを使用するのは、データをスタジオに持って行き、持って帰る為の持ち運び用としてです。当然軽くあって欲しいし、容量も欲しい。これはこのサイズ、軽さで500GBですからね。僕からの要求は全て満たしてくれています。またまたバッファローがやってくれましたねという感じです。僕はいくつかのバンドで活動していますが、やっているひとつにラテンファンクバンドがあるんですが、それはデータのやりとりで成り立っているようなバンドで、まずトラックを送ってもらい、僕がギターを重ねていって、トラックダウンの時に、このハードディスクに全ての録音されたデータを入れて持っていきます。相当の勢いで持ち運ぶので、耐衝撃になっているのも安心ですね。

――永井:USBケーブルの長さはどうですか?ちょっと短いかなと私は感じているんですが。

いや、この長さがあれば僕は十分だと思います。

――L:僕もそう思いますね。実はこのタイプで中途半端に長いのがあるけど、実はこの長さがちょうどいいぐらいですよね。それで、実は永井さんが実験的というか試験的にこのハードディスクのスケルトンバージョンを作ってきてくれたんですが(動画をご覧ください)、どうですか?僕はこれ、売れると思うんですが。

これはなかなかいいですよ!女の子よりも男子が気に入りそう。書き込んでいく姿が見られるのはいいですよね。ふたつ並んでたらこのスケルトンを買うかもしれない(笑)。

——永井:こんなハードディスクがあったらいいなっていう思いで試験的に作ってみました。あ、あとテラシィイさんはちゃんとストラップホールに携帯用ストラップを付けてくれていますよね。ありがとうございます!

なんかこういったさりげない部分が僕がバッファローの好きな所でもあるんですよ。

——L:ありがとうございます。ではテラシィイさんのようなミュージシャンを目指している人達にメッセージをお願いします。

最近気になるのが、若い人達がレコード会社との契約が切れると、すぐに辞めてしまう傾向にあるので、それはもったいないと思います。年を重ねてこそ面白いこともたくさんあるので。

――L:今日はどうもありがとうございました。

Creator's Profile

本人写真

Terrassy(テラシィイ)

1961年生まれ。
音色系ギタリストとして、様々なギター、アンプ、エフェクターを手足にギターの枠を越えた多彩な音を作り出し、これまでショコラータ、THE THRILL、東京スカパラダイスオーケストラ等に在籍する。また 中島美嘉、藤井フミヤ、遊佐未森、ACO、三上博史、高橋幸宏、竹中直人、ボニーピンク、川村結花,michelleなどのレコーディング、ライブサポートを務める。東京スカパラダイスオーケストラ在籍時には通算200本以上のライブ、サウンドトラック製作、小林 旭,石川さゆり、hide、スチャラダパー、竹中直人との共演、レコーディング、TV番組「デカメロン」 レギュラー出演などの活動を行う。
現在、BlackVelvets、EROTICAO、デミセミクエーバー、eEYO idiotで活動中。七面鳥劇団、女王陛下(お笑い?)に客演し、下北沢駅前劇場、 OFFOFFシアターで俳優(色物?)として舞台を踏む。

http://www.breast.co.jp/terrassy/

Interview Photo

※画像をクリックすると大きな画像をご覧頂けます。

画像01

テラシィイさんの仕事場です。ヴィンテンージもののギターがさりげなくありますね。

画像02

モバイル環境をささえる、ノートパソコンとバッファローのポータブルHDD HD-PX500U2-RD。テラシィイさんのギターとHDD。僕にはなかなかの組み合わせだと思えます。白のノートに対して、HDDの赤が鮮やかで目立ちますね。

画像03

バッファローの永井さんが喜んだ、ストラップホールにちゃんと携帯用ストラップを付けているテラシィイさんでした。

画像04

僕と対談中のテラシィイさん。彼の話は本当に面白かったし、同じ音楽家として勉強にもなりました。

画像05

今回、特別に名古屋からいらっしゃってくれたバッファローの永井くみえさんと共に。スケルトンのハードディスク、いけますよ!

Creater's Favorite Foods

クリエイターのお気に入り料理

テラシィイの好きな料理”この一品! ”
「宇ち多”(うちだ)の煮込み、ウメ割り焼酎」

テラシィイさん曰く:「葛飾の立石にあるもつ焼き屋さん「宇ち多”」(うちだ)の煮込み、ウメ割り焼酎です。このお店はここ10数年程通っているのですが、味が良いのはもちろん、下町っぽいちょっと荒っぽくも感じる接客に、実はホスピタリティが溢れていて、とても心地の良い時間を過ごす事が出来ます。平日午後2時開店30分前には良い歳を重ねた先輩方が涎を垂らして並び始めて、夕方7時には売り切れ仕舞いする名店。土曜は昼12時開店、午後2時には閉店してしまいます(笑)お店の兄貴の力添えで、毎年行われてる秋の「立石フェスタ」に今年はブラックベルベッツで参加する事になりました」

*サイト「宇ち中」さんより転載

今回登場した製品

製品写真

ハードウェア自動暗号搭載USBポータブルハードディスク HD-PXU2シリーズ

「つや・ピタ・ガード」をコンセプトに携帯性能にこだわったハードディスクです。高級感のある光沢「つや」で仕上げた3色のカラーバリエーション、乱雑になりやすいUSBケーブルを本体に「ピタ」っと巻き付け収納、底面に大きくD型に埋め込んだ「ピタ」っと止まるシリコングリップ、大事なデータをしっかり「ガード」するハードウェア自動暗号化、ドライブを衝撃からしっかり「ガード」する耐衝撃設計。Windows Vista、XPなどUSBポート搭載のWindowsパソコンと Mac OS X 10.4以降のIntel製CPUを搭載したApple Macシリーズに対応し、USBバスパワー駆動でご利用いただけます

HD-PXU2シリーズ製品ページ

 
 

おすすめ情報

一覧を見る