• ショッピング
  • 製品・サービス一覧
  • 対応情報
  • ダウンロード
  • お客様サポート
法人のお客様

@PROFESSIONAL USERS インタビューby LAVA

月星キレイ

71 ハッピーカウンセラー

自動的にバックアップもとってくれて、心配性の私にはもってこいですね。

第71回目の@PROFESSIONAL USERSは、ハッピーカウンセラー(占い師)の月星キレイさん。西洋占星術を基盤に今まで5,000件以上のカウンセリングを行い、その元気と明るさを持ち味とする彼女に見て欲しいという人は後を絶たないという。最近では、「自分のテイストを活かした占いを」と研究を重ねた結果、スイーツを食べるだけで開運できるオリジナル占い「ハッピースイーツ占い」を発案し、その単行本も発売中。ノリに乗ってる月星さんは、バッファローの機器に「良い波動」を感じるといい、最近ではバッファローのポータブルハードディスク/HD-PE500U2-PK(サクラピンク 500GB)を愛用とのこと。@PROFESSIONAL USERSでは初となる占い師の仕事場で、どうバッファロー製品が役立っているのか!?早速LAVAが月星さんのサロン、「キレイの部屋」を訪れお話を伺いました。

快適つやスリム ポータブルハードディスク HD-PEU2-PKシリーズ
 

好きな人がいると、おまじないをかけていたのが私の原点ですね

――このインタビューでは初登場となる占い師、月星さん曰く「ハッピーカウンセラー」の登場です。最近では特に占いは流行していると聞きますが、そのお仕事に就くまでの幼少時代からの経緯を教えてください。

3歳ぐらいまではわんぱくだったそうですが、幼少時代はおとなしい子で、どちらかと言うと自分を押し殺すタイプ。人から怒られないように気を使い、親のリクエストには応えたいタイプ。読書が好きで、週に5冊は読んでいましたので、小説家になりたいなんてその頃は考えていましたね。中学に入るとピアノをやっていたこともあり、吹奏楽部に入ります。トランペットを希望していたんですが、じゃんけんで負けてパーカッション担当になってスネアを叩く日々(笑)。つまらなくってやめちゃったんです。

――僕もティンパニー担当でしたがやめませんでしたよ(笑)。

でも練習では机をたたくんですよー。なのでやめてしまって帰宅部です。帰宅部同士で仲良くなると、大体恋愛の話になるんですよね。それにみんな片思い(笑)。この辺が私の原点ですね。基本、告白はしないんですが、好きな人がいるとおまじないをかけるんです。例えば廊下で好きな人とすれ違った時に手をクロスするとその人と目が合うとか、お米に好きな人の名前を書いて、もうひとつぶに自分の名前を書いて、その好きな人の上履きに入れる。そうすると両思いになるとか。

――えっ、お米に名前って書けるの?かなり細かいよね(笑)。それにちょっと臭さそう。

好きだとなんでも出来るんです(笑)。でもこれって基本的には誰かに教えていたわけではなく自分の為にやっていました。でもこのおまじないが必然的に占いへと移行していったと思います。

――ではもうそこから占い師一直線ですか?

いや、実は私は今でもそうですがアイドル歌手を目指していました(笑)。最初は男性アイドルまっしぐらでしたが、雑誌とかを読んでいると女の子アイドルが自分のお部屋の紹介とか、かばんの中身とか、私服大公開!とかしていて、そんなのに凄く憧れて、「私もそんなことしてみたーい、自分を自慢したーい!」って思うように(笑)。今までっておとなしく来て、勉強もそこそこ出来たけど決してトップではない。そんなストレスが「アイドルになりたい!」っていうことに変化させていったんでしょうね。

――なるほどね。ではそこからアイドルへ?

いや(笑)、高校時代にバンドブームが来て。友人のバンドにキーボードで加入して、1曲歌わせてもらった時に「これだ!」って思って(笑)。

――落ち着かないね(笑)。

本当に!でも大学受験になって、親からは大学へ行けと言われ、結局は3つ落ちて、滑り止めで受けた大学に通いました。何故か社会学部(笑)。行きたかった大学にも行けず、バンドも駄目、アイドルも見えず(笑)、なんだかネガティブな状態でしたね。そこからアルバイトに明け暮れるんです。朝6時からガソリンスタンドで働いて、それから学校に行って、終わったらファミリーレストランでバイト。

――凄いね。なんか急にガッツある子になったんだ。

はい(笑)。その頃は通学で横浜から八王子まで2時間半かけて通っていたんですが、勉強はずっと電車の中でしていたんですよ(笑)。それで学科の中で一番の成績で卒業したんです。ようやくトップになりました!でも就職する気は全くなくて、女優になりたいとか、モデルになるとか、相変わらず固定されない感じで(笑)。親は就職する気のない私にどんどんと不機嫌になっていって、これはまずいなってことで、車の販売店で1年だけ契約をして働きました。自分では「モーターコンパニオン」と言っていましたが(笑)。

――(笑)最高だね。

でも心の中では「歌手になる」って。

友人に相談したら従兄弟の占い師を紹介されて「あなたは占い師に向いてる」って

――しつこいね(笑)。

でも車の販売店の受付をしながら、やはり手に職はつけないといけないという意識が目覚めてきて、探偵か占い師になろうって決めたんです。

――探偵?

はい(笑)。でも探偵は張り込みとかが大変でやってられないだろうと思って、占いにしようって。それで今回ばかりは生き方を決定したくってガソリンスタンドの友人に相談したら、なんとその人の従兄弟が占い師だったんです。「えーっ!」って感じで、早速紹介してもらって、会ったら「あなたは占い師に向いている」って言われたんです。その先生とは今でも仲良しなんですよ。

――なるほど。そういう展開ですね。

会社に通いなから占いの勉強を始めましたが、受付嬢も1年経ったので退職して、たまったお金でロサンジェルスに短期留学したんです。帰ってきたらパソコンを使えないと何も出来ないみたいな時代になっていました。ソフトウエアを開発している会社にパソコンの勉強がてら入社して、ウインドウズをマスターして退社しました(笑)。でもフリーターは嫌だったので、ウインドウズもいじれるようになったし、派遣で会社に行こうと決めて、8時から16時の仕事を見つけました。夜は音楽活動の時間にしたかったんです。

――また音楽に戻ったの?

アイドルですから(笑)。路上でもライブを始めて、立て看板に「アイドルシンガーソングライター」って書きました(笑)。作詞、作曲、そしてギターも弾いたんですよ。立て看板に「アイドル」って書けたので、遂に夢も叶いました(笑)。でも不思議なことにそこから仕事を得るようになって、アイドルのイベントの司会をやるようになったんです。ある日、アイドルのイベントで小学生が登場しました。そこで思ったんです。「もうここで私がアイドルになるのは無理」。ちゃんと占いの仕事をしようと決意した瞬間でしたね。そして契約の仕事も辞めました。

私は占い師になってから叶えたこともたくさんあるので、執着しすぎない方が良いと思います。

――では遂になった占い師の話をしてください。

10個の星で占う西洋占星術(せうようせんせいじゅつ)とタロットカードで私は占います。これは例のガソリンスタンドの従兄弟の先生の教えです。その先生の先生にも教えてもらいました。

――職権乱用ですが、今僕を占ってくれます?(ここで僕の生年月日等を聞かれる)

LAVAさんはもう修行を終えています。

――えっ!というと?

もう好きに生きていいということです。やってきたことは全て報われますよ。でもお金の出入りが大きいですね(笑)。それと実は人見知りだけど、裏表がないので人への印象はとてもいいです。考え方と行動が一致するとても真面目な人です。周りに合わせる常識も持っています。ストイックでもあります。頑張ることが生き甲斐のようですね。なので苦労しなくてもいいところに苦労します。

――凄いな。今日始めて会ったのに。ちょっと驚きました。当たってるね。お金の話は聞かなかったことにするけど(笑)。では月星さんの生み出した「スイーツ占い」について聞かせてください。

西洋占星術とタロットだけではなく、自分のオリジナルの占いが必要なんじゃないかと思うようになってきたんです。開運をベースに若者にも受ける言葉で表現するには何がいいんだろうと3年ぐらい考えました。そこで人間全てがかかわる衣食住の中から「食」を選びました。私の場合「ハッピー」が基本なので、女性のお客様が多いんです。女性をターゲットにすることプラス、食の中でも種類も多様なのでスイーツを選びました。そこで「ハッピースイーツ占い」を生み出したんです。占い雑誌の公演を頼まれた時に、西洋占星術はみなさん先生方が話しているから、このタイミングで「ハッピースイーツ占い」の話をしてみたんです。そうしたらその雑誌の編集長がとても気に入ってくれて、単行本にもなりました。「どれを食べてもいいことがある。悪いことは起きません。スイーツ食べてハッピー!」。是非みなさんも読んでみてください。これは恋愛編なので、次はアダルト編を書こうと思っています。お楽しみに!

――ちなみに僕はプリンなんですよね。必要以上に食べようと思っています(笑)。今後の月星さんの自身の描く未来はどうなっていますか?

「気」の世界に進んでいくと思います。一番最後は自分自身が「愛」に変わっていけたらいいと思います。この仕事を始めて、私は優しい人間になった気がしますので。

――素晴らしい言葉ですね。今度もっとじっくり見てください(笑)。さて、占いの方もパソコンを使っていますが、パソコンとバッファローについての話をしてください。

私は今もご覧になった通り、パソコンを使って占いもします。Macにウインドウズを乗せています。仕事だとウインドウズが使いやすいんです。基本はお客様がいらした時にパソコンを使用して占いをしますので、占いで使うホロスコープデータの管理と、あとは原稿を書く仕事も多く、これもパソコンを使います。私は心配性なので、マメな原稿のバックアップが必要になります。現在外付けのハードディスクでバッファローのポータブルハードディスク/HD-PE500U2-PK(サクラピンク 500GB)を使用しています。Macも使うので、これはウインドウズとMacの共有型なので私には非常に便利ですね。時間を指定しておくと自動的にバックアップもとってくれます。心配性の私にはもってこいですよね。それにこのピンク色も気に入っています。私のこの仕事部屋を見てもらえれば分かると思いますが、私は大のピンク好きなんです。なかなかこの色ってパソコン関係ではありそうでないんですよね。それと私は外でもノートパソコンで作業をしますが、私のノート自体が容量の小さなものなので、このハードディスクを常に携帯して仕事をています。こんなに軽いですしね。正直言うと私って機械は音痴なんです。なので知っているメーカーのものをまず買います。その最たるものがバッファローです。バッファロー最高ですよ!最初にお世話になったのがCDライターで、なんにも知らない私はそれを使ってCDを作れたんです。例のアイドル活動中にです。その感動は今でも忘れません。実は他のメーカーのものを使っていたこともあるんですが、他の周辺機器メーカーと比べても使いやすく、安定性もあるし、言い方が悪いですがはずれがないんです。これはもの凄く感じることなんですが、売り場に行くと。バッファロー製品からは「良い波動」が出ています。行くと分かるんです。だから買ってしまいます。これ本当ですよ。洋服とかでも同じです。今見ているものが欲しいのに、わざわざ新しいものを持ってきてくれると困るんです(笑)。本も同じですね。なので、バッファローは私にとっては良い波動を持つメーカーなんです。

――それはとても面白い話ですね。良い波動ですか。プロの占い師さんが言うと説得力がありますね。一段と僕もバッファローを使おうと思いますよ。ありがとうごいざいます。さて、その占い師さんですが、今とても人気のある職業だと思います。これから占い師を目指す人達にメッセージをお願いします。

占い師ということに執着しすぎない方がいいと思います。枠をゆるくしてみる。占いを使った仕事って実はたくさんあります。私は占い師になってから叶えたこともたくさんあるんですよ。広く余裕を持って目指す仕事だと思います。占うだけではなく、書く仕事や公演もありますしね。

――今日はどうもありがとうございました。

Creator's Profile

本人写真

月星キレイ(ツキホシ キレイ)

9月6日生まれ、ハッピースイーツはパウンドケーキのおとめ座。
西洋占星術、タロットカードを使った占いカウンセリングを若手ながら年間約1,000件、延べ5,000件以上行う。
2009年11月占いと癒しのサロン「キレイの部屋」をオープンし、個人カウンセリングの他、占い講座も開催中。
カウンセリングの他、雑誌やWEBでの占い執筆、講演、ヒーリングミュージック監修、電話占いサイト監修、ラジオパーソナリティなど幅広く活動。
また、スイーツを食べるだけで開運できるオリジナル占い『ハッピースイーツ占い』を提唱し、2010年3月 アメーバブックス新社より単行本も出版。

Mail:star@uranaikirei.net

【主な連載履歴】
・ネイチャーミュージアム北海道 毎日の12星座占い
http://www.nmhokkaido.jp/

・食のエンタテインメント雑誌『choi-plus(ちょいぷら)』

・ゴルフレッスン雑誌『ALBA』

【インフォメーション】
・公式ブログ ハッピースイーツ占い
http://ameblo.jp/happysweets-kirei

・ホームページ 星と月とタロット占い
http://www.uranaikirei.net/

・占いと癒しのサロン キレイの部屋
http://kireinoheya.uranaikirei.net/

Interview Photo

※画像をクリックすると大きな画像をご覧頂けます。

画像01

東京・新宿にある月星さんのサロン、「キレイの部屋」。可愛らしいピンクで統一された部屋で、日々たくさんの女性が「将来」を占っているそうです。

画像02

インタビュー中、僕を占ってくれました。これが占いで使うホロスコープの画面です。うなずけることばかりの結果だったので、正直驚きました。ゆっくりまた行きたいです、本当に。

画像03

これが3年かかって発案した新たなる占い、「ハッピースイーツ占い」の本です。著者曰く、「使い方次第で開運ツールとなる占星術をスイーツと組み合わせることで、お茶の時間が開運タイムに。星のパワーを感じつつ、願いを込めながらほおばるだけで運気アップができる! あなたの魅力をアップしてくれるスイーツ、贈って思いが伝わるスイーツ、日付や時間で占う運命のスイーツなどを食べ方やギフトのアイデアなどと合わせて紹介。もっとスイーツが好きに、食べて幸せになる本」とのことです。1200円で絶賛発売中です!

画像04

月星さんがプロデュースした曲が収録されているというこのCD。気になりますね。

画像05
画像06
画像07

月星さんが過去に占いの執筆をしていた雑誌の数々です。こういうの、みなさん真剣に読むんでしょうね。

画像08

月星さんが「良い波動」を持つメーカーとおっしゃってくれた、バッファローのポータブルハードディスク/HD-PE500U2-PK(サクラピンク 500GB)。バッファロー製品は売り場にいくと一番輝いているそうです。でもこのハードディスク、どこか月星さんっぽいですよね。

画像09

「キレイの部屋」の占い机です。ここもピンクで統一されていますが、ポータブルハードディスクがなんの違和感もなく置かれていました。

画像10

僕を占ってくれている時の月星さん。パソコンを前に占う姿がとても現代的でした。占うというアナログな行為とデジタルが融合した新しいスタイルですよね。

画像11

今回始めて月星さんにお会いして、占いというあまり僕がやらないジャンルの人との話になりましたが、もの凄く面白かったです。それはきっと彼女の人柄なんでしょうが、占い師として人気のあるのがうなずけました。今後は僕もハッピースイーツ、プリンを食べて幸せを呼び込みますよ!

Creater's Favorite Foods

クリエイターのお気に入り料理

月星 キレイの好きな料理“この一品!”
「オムライス」

自分で作ったオムライスだそうです。月星さん曰く、「はじめて人から「おいしい」とほめられた料理だから」。うーん、美味しそうです。

今回登場した製品

製品写真

快適つやスリム ポータブルハードディスク HD-PEU2-PKシリーズ

流れるようなボディラインと光沢感の“つやスリム”。ミニノートでの使用に便利なコンパクトデザインで携帯性も抜群。ミニノートの容量不足を補いアシストします。簡単接続のUSBケーブルで軽快に使えます。
インテリアや、ビジネスシーン、お気に入りのパソコンに合わせて5色のカラーバリエーションからお選びいただけます。

HD-PEU2-PKシリーズ製品ページ

 
 

おすすめ情報

一覧を見る