• ショッピング
  • 製品・サービス一覧
  • 対応情報
  • ダウンロード
  • お客様サポート
法人のお客様

@PROFESSIONAL USERS インタビューby LAVA

原山さんご家族

89 DJ

家族に役立つ!ハッピーになれる!フォトストレージ登場

第89回目の@PROFESSIONAL USERSは、趣向を変えて、新発売となった「おもいでばこ」のスペシャルバージョンをお届けします。今回はLAVAのプロデュース店舗でDJを手掛ける原山誠一郎さんが「おもいでばこ」をご購入。原山さん夫婦は現在9ヶ月になったばかりの翔太郎君の子育て中ということもあり、いかに「おもいでばこ」が新しいスタイルのマルチメディア機器として家族に役立っているかを取材しました。ご覧ください!

おもいでばこ PD-100

まずは原山さん夫妻のなれそめから

――今回は僕もBGMの作曲で参加したバッファローからの新製品「おもいでばこ」の魅力をたっぷりとお届けします。登場してくれるのは、僕のプロデュースするレストランでDJとして働いてくれている原山誠一郎君、そして奥様の裕美さん、そして、お子さんの翔太郎君です。彼等はいち早く「おもいでばこ」をご購入いただきました。「おもいでばこ」がいかに彼等家族にとって役立つ、そしてハッピーになれる製品かを語っていただきます。まずはふたりのなれそめから(笑)。出会いは?

誠一郎(以下誠):はい(笑)、裕美と初めて会ったのが鎌倉の材木座海岸にある海の家「おとひめ亭」という所です。僕は今もそうですが藤沢に住んでいて、定期的に「おとひめ亭」でDJパーティーを行っていました。そこにお客さんで遊びに来ていたのが裕美です。最初は警戒されていましたが(笑)、気も合い、2年後に入籍しました。結婚してから2年半後に翔太郎が生まれました。

――なるほど。実は彼等の結婚式で感動的なスピーチをしたのは僕でした(笑)。さて、まずは「おもいでばこ」を購入したきっかけは?

誠:もちろんLAVAさんが音楽を手掛けているからですよー!。というのもあるんですが(笑)、翔太郎が生まれてから彼の成長の記録は、まずはデジカメで撮影して、パソコンに取り込んで、そこで見て楽しんでいたんですが。

裕美(以下裕):実はパソコンに入れてもあまり見ないんです。正直言うとパソコンをいちいち開いて見るのが面倒くさくなってきたんです(笑)。そういう習慣があまりないというのもありますし、主婦で子育てをしていると時間もないし。

誠:なのでもっと手軽に家族で楽しめるアイテムってないのかなって思っていました。その矢先、バッファローの「おもいでばこ」が発売になり、ましてやLAVAさんが音楽を手掛けているということもあり、早速購入したんです。

機械の苦手な奥様にもかんたんに使えた「おもいでばこ」

——購入してみてまずはどうでしたか?

裕:まず私のような主婦にも説明書がマニュアルマニュアルしていなく、誰にでも分かりやすく書いてくれているのが助かりました。ほんと機械、駄目なんですよ、私(笑)。ここはまずは大きなポイントです。

誠:なので、箱から出して10分後にはもう写真を取り込んでいましたね。デジカメのSDカードを取り出して、「おもいでばこ」に差し込んで、ボタンをポチって押すだけ。動画も簡単に取り込めました。まずは写真を300枚ぐらい取り込みましたが、かかった時間は5分程度でしたかね。取り込むスピードも早かったです。容量も320GB。4MBの写真が4万枚入るという優れものです。

——他の機能とかはどうでしたか?

誠:カレンダー機能というのがあって、撮影した日にちごとに機械が自動的に振り分けてくれます。これって子供の成長を知るにはとても良い機能。簡単に写真で成長を見ることが出来ます。

裕:特に今、翔太郎は1日ごとに成長していくので、この機能があるととても分かりやすいんです。彼が大きくなっていったら1枚1枚見せてあげたいですしね。

誠:アルバム機能というのもあって。自分でもテーマを決めて作り込んでいけるんですが、祭日も設定されていて、季節ごとの休日にどんな写真を撮ったのかも分かります。これからは七五三、入学式など、イベントごとも多いですからね。「おもいでばこ」を使ってまとめておけるのも良いし、家族の思い出の日を設定して取り込んでおけるのも良いですよね。それとお気に入り機能を使うと、自分が好きな写真に星印をマーキングすることも出来ます。それをすぐに取り出して見ることも出来ます。

裕:文字機能もいいですよね。写真の下に自分のコメントを入れることが出来ます。リモコンで簡単に入れられるし、これがとっても楽しい!今後は絵文字や色も変えられたらもっと楽しいんじゃないかなとも思いました。

誠:さすがにバッファローらしく、外付けのハードディスクをつなげることでバックアップもとっていけます。便利な機能だと思います。それと、僕が最も気に入っているのはスライドショーです。写真が変わっていくスピード時間の設定も変えられます。僕は5秒に設定してみました。動画も入っていると自動的に流してくれます。そして音楽!

——おっ、遂に来たね。

何かしら自分の持っている要素を商業的な写真に取り入れていきたい

誠:スライドショーを流しながらリモコンの「音楽ボタン」を押すとLAVAさんの音楽が流れます。8パターンぐらい入っていて、これがうちの子供の写真ととっても合うんです!心に響きます。こういったフォトストレージの機能で、自分が音楽の仕事をしているというのもあるんですが、ここに音楽があるかないかと言ったら、絶対にあった方がいいと確実に思いました。ピアノだけの曲があるじゃないですか?あれは胸にぐっと来ますね。まるで自分の子供が映画にでも出ているような気になります。子供の写真だけではなく、ウェディングの写真を撮って、この音楽が流れたら女性だったら感動すると思いますよ。動画になると音楽は止まっちゃうんですけどね(笑)。

裕:動画と違って何も語らない写真だからこそ、そこに音楽があると余計胸に響きますよね。

誠:それに今回の音楽って普段のLAVAさんの作品よりもアコースティックにアレンジされているじゃないですか。これがまた色んな写真に合うんですよ。

——どうもありがとう。僕が今回、この仕事をクリエイトしていくにあたって最初に考えたのが、映画音楽を作ろうというコンセプトでした。手掛けてみたいジャンルでもあったしね。バッファローのスタッフの子供の写真を実際に見せてもらいながら作曲のイメージを膨らませていきました。子供は未来の宝だから、優しくもあり、メジャーコード進行の明るく暖かみのある曲を徹底的に作りこんだんです。使用する楽器も心や体に優しいと僕が思える、ピアノやローズピアノ、アコースティックギターを使用して録音しました。でも実際にこうして子供の写真を見ながら僕の曲を聴くと、いいね(笑)。なんだか作曲家冥利につきます。僕の場合、音楽は人々が常に前進していけるためのエンターテイメントアイテムとして作っているので、子供の成長と共に音楽が流れていくのは嬉しい限りです。評判もいいので、さらに新しい音楽を追加していく予定なんですよ。楽しみにしてください。「おもいでばこ」本体のデザインとかどうですか?

裕:デザイン、とっても好きです。サイズも我が家のテレビ台にすぐに置けるし、それにとっても軽い!「おもいでばこ」というロゴも大好きです。とっても可愛いと思います。リモコンも小さくて、このサイズは携帯電話と同じような感じなので使いやすいです。操作も分かりやすいですね。

誠:とにかく「おもいでばこ」が我が家に来てから、一日中家族で楽しんでいじっちゃっています。さっきLAVAさんが言っていましたが、今後音楽のパターンもどんどん増やしていって欲しいですね。もっと聴きたい!

——OKです。誠一郎君はスライドショーの機能と音楽がお気に入りだと話してくれましたが、裕美さんの「おもいでばこ」の一番のお気に入りは?

裕:先ほども言いましたが、「おもでばこ」はとっても軽いので、持ち運びが出来るんです。そうすると実家に帰った時に翔太郎のおじいちゃん、おばあちゃんに翔太郎の写真を見せてあげられるんです。ふたりは翔太郎のことが大好きですからね。もう大喜びですよ。今まではデジカメの小さな画面で見せていましたが、これはテレビで大きく写真を見られますから、彼等もよく見えるし、ハッピーになれるし、とってもご満悦なんです。「感動」を簡単に運べるって、素晴らしいことだと思います。

誠:あと、インターネットとも接続出来るので、写真に位置情報が入っていれば地図が出てきます。旅の思い出としては最高の機能だと思います。

——でもさっきからずっと音楽と翔太郎の写真がスライドショーでひたすら流れているけど、ほんと、これいいね。こうやってみんなで集まってテレビでは写真を流しながら、音楽もかかっていて、会話もとってもはずむよね。自分で参加しておいて言うのもおかしいですが、これはお薦めの商品ですね。では、最後にもう一度、「おもいでばこ」を使ってみての総合評価をお願いします。

裕:まずは簡単に操作が出来て、テレビですぐに見られるのが何よりも嬉しいし、同時に家族が心から幸せを感じられる製品だと思います。これを一度使ってしまったら、他のものはもういらないですね。それぐらい私は「おもいでばこ」、大好きです。一家に一台とはまさにこの商品のことだと思います。

誠:とにかく、翔太郎の一日一日の成長の記録を「おもいでばこ」を通して見届けられるのが何よりも幸せなことです。バッファローさん、本当にありがとうございます!使った方々も我々と同じように超満足すると思いますよ。ちなみに15年後に息子が相手してくれなくなった時にひとりでお酒でも飲みながら見るのも楽しそうです(笑)。

――(笑)今日はどうもありがとうございました。

Creator's Profile

本人写真

原山誠一郎、原山裕美、原山翔太郎

原山誠一郎さんはLAVAのプロデュース店舗でDJを手掛けています。奥様は裕美さん、長男の翔太郎君は現在9ヶ月です。

Interview Photo

※画像をクリックすると大きな画像をご覧頂けます。

画像01画像02

様々な機能を搭載している「おもでばこ」ですが、まずが写真をしっかりまとめて、使いやすく、見やすく、そして月ごと、年間ごとにストックしておけるお薦めの機能がこのカレンダー機能です。実際に使用するとその便利さが良く分かりますよ。。

画像03

自分でも編集や作り込むことが可能で、休日の設定等も組み込まれているのがこのアルバム機能です。原山夫婦が言っていましたが、子供の入学式や七五三、結婚式やライブでの写真等、様々なイベントごとの写真をまとめておける、とっても重宝する機能です。僕だったら間違いなく各イベントの自分のDJ写真を入れまくります(笑)。

画像04

裕美さんがお気に入りの文字機能です。写真の下の部分に文字を入れることが出来ます。翔太郎曰く、「ぼく、しょうたろう!たのしいのお!」。ほんと、可愛いです。

画像05

そして、デザイン、軽さもパーフェクトと夫婦そろって大絶賛のバッファロー「おもいでばこ」の本体です。取材した時期がクリスマスシーズンだったので、「おもいでばこ」を使ってテレビの横にキレイにレイアウトしてくれていました。持ち運んで、おじいちゃん、おばあちゃんの家にも出張する「おもいでばこ」。みなさんにハッピーを届けます!

画像06画像06

原山さん家族は一日中家族で使用していると言っていました。楽しそうにみんなで「おもいでばこ」を使っている姿は幸せそのそのものでしたね。一生重宝しますよ!

画像06画像06

「おもいでばこ」に映し出された翔太郎君。心の底から可愛いと言えます。それもテレビのサイズで出て来ますから、そのキュートさは言葉では言い表せません(笑)。1枚1枚が彼の成長を確かに映し出してくれていますし、翔太郎君が大人になっていった時にこの写真を見て、また家族との絆が深まっていくんですよね。素晴らしい!

画像06

僕も「おもいでばこ」に作曲家として参加させていただき、今回初めてこの商品が実際にご家庭で使われているのを見て、「これは愛のある素晴らしい商品」だと心から思えました。何よりもみんなが笑っていて、みんなが幸せそうです。貴重な経験をさせていただけたことに感謝をしつつ、この「おもいでばこ」がたくさんの人々の家に届くことを願っています。

今回登場した製品

製品写真

フォトストレージ おもいでばこ PD-100

家族の思い出をためておける「おもいでばこ」。付属のケーブルをテレビにつないで、ACアダプターをコンセントにさしこむだけで、おもいでばこに保存した写真や動画を楽しめます。またスライドショーなどの使用時に流すことのできる音楽はLAVAさんが手がけた美しく暖かな曲が収録されています。

おもいでばこ製品ページ

 
 

おすすめ情報

一覧を見る