Disk Formatterの画面構成



  1. ▼をクリックしてフォーマットしたいドライブを選択します。

  2. 選択したドライブの種類が表示されます。

  3. 選択したドライブの物理フォーマットを実行するときクリックします。

  4. 選択したドライブの領域(パーティション)の情報が表示されます。
    フォーマットする領域をクリックして選択します。

  5. 領域の色は次のことを表しています。

    • 水色−基本MS-DOS領域(DOS/V・PC98-NX)

    • 緑色−拡張MS-DOS領域内のFAT12/16

    • ピンク色−拡張MS-DOS領域内のFAT32

    • 赤色−拡張MS-DOS領域内の他のファイルシステム(NTFS・HPFS等)

    • 白色−空き領域

  6. ハードディスクをフォーマットするときにファイルシステムを選択します。

    (ハードディスク以外では選択できません。)

  7. フォーマット時にボリュームラベルを入力できます。

  8. ハードディスクをフォーマットするときに確保する領域のサイズ(MB)を入力します。
    (ハードディスク以外では選択できません。)

  9. チェックするとフォーマット時に不良クラスタを検出します。
    検出された不良クラスタはマークされ、使用されなくなります。
    (フォーマット時間がかなりかかります)

  10. チェックするとリムーバブルメディアとMOをフォーマットするときに物理フォーマットを同時に行ないます。
    (リムーバブルディスクとMO以外では選択できません)

  11. 現在の状況にあったメッセージが表示されます。

  12. クリックすると、選択されている領域をフォーマットします。

  13. クリックすると、選択されている領域を削除します。

  14. クリックすると、ドライブ情報の表示を更新します。

  15. Disk Formatterを終了します。


※ Disk Formatterは拡張MS-DOSフォーマットのみ作成可能です。
  そのためDisk Formatterでフォーマットした領域から、OSは起動できません。