一覧

社員インタビュー!
バッファローで働く人たちに
本音で語ってもらいました

Staff Interview

営業/事務職
使い手の立場で商品の価値を伝える
中部営業所 コーポレート営業係/2010年4月入社

豊富な商品知識で企業のニーズに応える
代理店を通じての商品販売や、お客様への商品PR、販売店への営業活動などを担当しています。コーポレート営業の顧客は一般消費者ではなく、企業の方々です。一つひとつの案件に対して、商品をしっかり理解した上で提案することが重要です。特にIT機器に関しては、日を追うごとに新しい技術が更新されています。市場から見た商品のメリットや、機能の細部を知っておくことが契約のカギとなるため、営業活動の中で日々知識を吸収しています。

企業への提案は、
面ではなく点のアプローチで

新しい機能を追加した商品や、コストパフォーマンスに優れた商品でも、お客様のニーズに合わなければ販売に結びつきません。そのためこちらからお客様の環境に合いそうな商品を、新しい機能と合わせ、一つのソリューションとして提案します。ネットワーク製品などでトータルの提案ができたときはとてもうれしいですね。お客様と長く深く関わる分、一件ごとの思い入れが強く、提案が通ったときは格段の喜びがあります。

事業部とともに、
お客様の声をヒアリング

営業はものづくりの中で最もお客様の近くに位置しているため、お客様からいただいた課題を他部署に発信したり、相談する場面は非常に多く、協力して課題に対応します。相談する際はなるべく多くの情報をお客様からヒアリングし、共有するようにしています。

ときにはお客様のもとに事業部の商品企画担当の社員が同行することもあります。事業部の社員は「お客様の意見を直接聞きたい」という思いを持っており、会社全体でお客様目線を意識しています。

私たち営業は販路を開き、事業部の社員はその販路に流すための商品をつくる。社内外を問わず協力関係を築き、その成果として売上に結びついたときには、「団結することの強さ」をつくづく感じます。

一対一の関係づくりが
自分の財産になる

コンシューマ営業、コーポレート営業ともに、入社してすぐに大きな仕事を任せてもらえます。バッファローは歴史があり、お客様の認知度も高いので、営業しやすい環境が整っています。
お客様からの相談はハイレベルなものも多いですが、それだけにやりがいを感じます。日々の活動の中でお客様との強いつながりが生まれてくるため、若いうちから営業に大切なコミュニケーションを学ぶことができることは、ビジネスの大きな経験になると思いますよ。

人と仕事