HOME > サポート > 家庭向け/法人向けどちらの無線親機を購入すればよいですか

家庭向け/法人向けどちらの無線親機を購入すればよいですか

家庭向け/法人向け無線親機の違いについて

家庭向け/法人向け無線親機には対象利用者や機能に違いがあります。
下記の違いを確認した上でどちらの無線親機を購入するかお悩みの場合、ページ下部の「次へ」をクリックし画面に従ってお進みください。

 

■家庭向け無線親機

  • 家族で利用される個人のお客様向けです。
  • 戸建やマンション一室での利用をおすすめします。
  • 同時に利用できる機器(スマートフォン、タブレット、パソコンなど)は無線(Wi-Fi)接続で最大約10台と有線接続で数台です。
  • 家族での利用を前提としているため、機器同士の通信制限を行う機能はあまり備わっていません。

■法人向け無線親機

  • 業務に利用される法人のお客様向けです。
  • ビル、事務所、工場などの広い場所で利用いただけます。
  • 常時、10台以上の無線機器(スマートフォンやパソコン以外に、業務用のサーバーやNAS)を接続することができます。
  • 業務内容に合わせて機器同士の通信制限を設定することが可能です。
  • インターネットを利用したり、有線機器を接続したり、ご希望の用途によっては無線親機以外のネットワーク機器(ルーターやハブ)が必要です。