WSR-300HPにおける任意のコードが実行可能な脆弱性

2017年8月4日

更新情報

2017/8/4 本ページを公開

対象製品

WSR-300HP

脆弱性の説明

上記製品には任意のコードが実行可能な脆弱性があります。

脆弱性のもたらす脅威

  • 第三者により、巧妙に細工された NewInternalClient リクエストを介して、任意のコードを実行される可能性が
    あります。

対処方法

Ver.2.40以降のファームウェアをご利用ください。
最新版ファームウェアのダウンロードはこちら

参考情報

Japan Vulnerability Notes:JVN#74871939

以上

おすすめ情報

一覧を見る