有線ルーター BBR-4HG、BBR-4MG に関する複数の脆弱性

2017年12月1日

更新情報

2017/12/1 本ページを公開

対象製品

BBR-4HG、BBR-4MG

脆弱性の説明

BBR-4HG、BBR-4MGには、クロスサイトスクリプティングおよびサービス運用妨害(DoS)の脆弱性があります。

脆弱性のもたらす脅威

  • 当該製品にログインした状態で、細工された URL にアクセスすることで、ユーザーのウェブブラウザ上で任意のスクリプトを実行される可能性があります。
  • 管理画面にて不適切な値を設定された場合に当該製品が応答不能となる可能性があります。

対処方法

Ver.1.49以降またはVer.2.08以降のファームウェアをご利用ください。
最新版ファームウェアは、下記ページよりダウンロードしてください。

※ご注意
BBR-4HG/4MGに適用されているファームウェアには、2つのシリーズ(Ver.1.xxのシリーズおよびVer.2.xxのシリーズ)がございます。
Ver.1.xxにVer.2.xxを適用すること、また、Ver.2.xxにVer.1.xxを適用することはできません。
詳細は上記ダウンロードページをご参照ください。

参考情報

Japan Vulnerability Notes:JVN#65994435

以上

おすすめ情報

一覧を見る