Intel CPU脆弱性(INTEL-SA-00086)について

2017年12月12日

更新情報

2017/12/12 本ページを公開

脆弱性の説明

プロセス管理用ファームウェア(BIOS/UEFI)に関し、下記CVE IDとして報告された脆弱性が存在します。
本脆弱性では、バッファオーバーフローを利用して不正なコードを実行される恐れがあります。

CVE ID

CVE-2017-5705
CVE-2017-5706
CVE-2017-5707
CVE-2017-5708
CVE-2017-5709
CVE-2017-5710
CVE-2017-5711
CVE-2017-5712

対象製品

TeraStation シリーズ名 影響の有無
WSH5010シリーズ 影響なし
WS5000シリーズ 影響なし
TS7000シリーズ 影響なし
TS5000シリーズ 影響なし
TS5200DSシリーズ 影響なし
TS-Xシリーズ 影響なし
TS-Vシリーズ 影響なし

脆弱性のもたらす脅威

設定値が不正に改ざんされたり、悪意のあるプログラムが実行されたりする恐れがあります。

対処方法

本脆弱性は該当製品への影響はございません。対処の必要なく現状のままで安全にお使いいただけます。

以上

おすすめ情報

一覧を見る