報道されているCPUに関する脆弱性について

2018年1月9日

平素は弊社製品をご愛用いただき誠にありがとうございます。

Intel、AMD、ARMなどの投機的実行機能を持つCPUにおいて、「Meltdown」および「Spectre」と呼ばれる脆弱性があるとの発表がございました。現在、弊社製品の影響調査を進めており、対象製品、対策につきましては随時情報を下記のとおり公開させていただきます。

更新情報

2018/1/9 本ページを公開

対象製品

製品シリーズ名 備考
WSH5610シリーズ 下記「対処方法」をご参照ください。
WSH5411シリーズ
WS5000シリーズ

対象外製品

製品シリーズ名 備考
TS5010/3010シリーズ 本脆弱性は左記製品への影響はございません。
対処の必要なく現状のままで安全にお使いいただけます。
TS7000シリーズ
TS5000シリーズ
TS5200DSシリーズ
TS3000シリーズ
TS1000シリーズ
TS-Xシリーズ
TS-Vシリーズ
LS500シリーズ
LS411DXシリーズ
LS410DXシリーズ
LS420DSシリーズ
LS400シリーズ
LS200シリーズ
LS-X, Vシリーズ
LS-WSXL/R1シリーズ

CVE ID

CVE-2017-5753、CVE-2017-5715、CVE-2017-5754

脆弱性のもたらす脅威

ユーザ権限で実行中のプロセスから、カーネルメモリの情報を取得される可能性があります。

対処方法

Windows Updateの自動更新が有効である場合は、更新プログラムが自動でインストールされます。
自動更新が無効である場合は、2018年1月のWindowsのセキュリティ更新プログラムを確認して、手動でインストールする必要があります。

参考情報

Japan Vulnerability Note:JVNVU#93823979

以上

おすすめ情報

一覧を見る