ポートを解放する方法(インターネットゲームをする/サーバを公開する)

AirStationの静的IPマスカレード(アドレス変換)機能により、ネットゲームを楽しんだり、WWWサーバを公開したりできます。


手順は、お使いの環境よって異なります。


■ ネットワークゲームや各種サーバを公開するなど、あらかじめ利用するポート番号が分かっている場合



  1. AirStationの設定画面を表示します。

  2. ポート変換設定画面を表示します。

    [ゲーム&アプリ]をクリックします。
  3. 各項目を設定し、[新規追加]をクリックします。


  4. グループ:
    登録するルールが属するグループを指定します。[新規追加]を選択すると、新たなグループを作成し、そのグループに追加されます。新規追加時には半角英数字で16文字までのグループ名を付けることが可能です。

    WAN側IPアドレス:
    公開する各種サーバの固定グローバルIPアドレスを設定します。このアドレスはプロバイダから指定されたものです。
    [エアステーションのWAN側IPアドレス]を選択するか、または「手動設定」でIPアドレスを入力します。
    プロバイダから複数の固定グローバルIPアドレス指定を受けている場合には、「手動設定」でAirStationのWAN側IPアドレスに設定してあるアドレス以外のグローバルIPアドレスを手動で設定することが可能です。

    プロトコル:
    アドレス変換機能を使用するポートの種類を選択します。
    [全て]を選択したときは、WAN側IPアドレスを手動設定します。
    [TCP/UDP]を選択したときは、ポートを設定します。

    LAN側IPアドレス:
    インターネットからのアクセスの宛先となるプライベートIPアドレスを設定します。

    LAN側ポート:
    変換プロトコルでTCP/UDPを指定し、単独のポート番号を指定したときは、 LAN側のポート番号を変更することができます。

    以上の設定の組み合わせにより、最大32種類の組み合わせを設定できます。


      アドレス変換テーブルの設定例
      WWW(HTTP)サーバを公開する場合は、以下のように設定すると、インターネットからのアクセスを任意のLAN側のWWWサーバIPアドレスに転送できます。
    • WAN側IPアドレス:
      [エアステーションのWAN側IPアドレス]を選択します。
    • プロトコル:
      TCP/UDPを選択します。
    • ポート:
      [HTTP(TCPポート:80)]を選択します。
    • 任意のポート:
      設定しないでください。
    • LAN側IPアドレス:
      [手動設定]を選択し、WWWサーバIPアドレスを入力します。
      例:192.168.11.2
  5. 設定内容が登録されていることを確認します。


  6. 以上で設定は完了です。






■ 利用するポート番号が不明な場合



  1. AirStationの設定画面を表示します。

  2. ポート変換設定画面を表示します。

    [ゲーム&アプリ]をクリックします。
  3. DMZ設定画面を表示します。

    [DMZ]をクリックします。
  4. DMZのアドレスを設定します。

    DMZのアドレス:
    インターネット側から送られてきたデータの宛先ポートが不明な場合に、そのデータが転送されるLAN上のIPアドレス(DMZアドレス)を1つ設定します。ここで設定されたIPアドレスのパソコンでのみ、ネットワークゲームなどのソフトを利用できます。
    • [アドレス変換テーブル]に[LAN側IPアドレス]を設定した場合は、そちらの設定が優先されます。
    • DMZを使用する場合は、パソコンのIPアドレスをここで設定した値に固定する必要があります。
    • 使用するソフトや契約しているプロバイダによっては、DMZを設定してもソフトウェアが動作しない場合があります。
    • DMZに設定したパソコンは、他のパソコンに比べてセキュリティが低下するため、重要なデータなどをそのパソコンに保存しないことをおすすめします。
      また、安全のため、[詳細設定]−[ネットワーク設定]−[パケットフィルタ]−[簡易フィルタ登録情報の編集]で、「NBTとMicrosoft-DSのルーティングを禁止する」を有効にしておくことをおすすめします。


  5. DMZの設定を登録します。

    手順4の画面で[設定]をクリックします。


  6. 以上で設定は完了です。