▼ご覧になりたい項目をクリックしてください
製品の情報を見たい
>> 制限事項
>> NAS Navigator2
>> 出荷時設定
>> エラーコード表示(Errorランプ)
>> インフォメーションコード表示(INFOランプ)
>> 設定画面の表示項目説明
設定の手順例 フォルダ同期機能を使う


< フォルダ同期機能とは >

LinkStationの共有フォルダとパソコンのローカルドライブにあるフォルダを同期して表示する機能です。
この機能を設定すると、LinkStationの共有フォルダとパソコンのローカルフォルダを同期させ、自動的にローカルフォルダのファイルをLinkStationにアップロードします。

<フォルダ同期設定手順 >

1.

[スタート]-[(すべての)プログラム]-[BUFFALO]-[BUFFALO NAS Navigator]-[BUFFALO NAS Navigator2]をクリックします。
NAS Navigator2が起動します。


2.



[フォルダ同期]をクリックします。


3.



[追加]をクリックします。


4.



[同期元]の右端にあるボタンをクリックします。


5.



‘唄元にするパソコンのローカルドライブ内のフォルダを選択します。
[OK]をクリックします。


6.



[同期先]の右端にあるボタンをクリックします。


7.



‘唄先にするLinkStation内のフォルダを選択します。
[OK]をクリックします。


8.



[OK]をクリックします。


9.



[OK]をクリックします。


以上でフォルダ同期機能の設定は完了です。

・フォルダ連結と同じ設定をフォルダ同期に設定することはできません。

・フォルダ同期を設定できる数は最大10個です。

・1つの同期先フォルダに複数同期元フォルダを指定することはできません。

・1つの同期元フォルダに複数同期先フォルダを指定することはできません。

・フォルダ同期機能は、同期元フォルダへのファイル・フォルダ作成、書き込みを監視し、同じ操作を同期先フォルダに対して行います。同期先フォルダ内のファイルを別途更新しても、同期元フォルダ内の同名ファイルを更新した時点で、同期先フォルダ内のファイルは同期元フォルダ内のファイルと同じ内容となります。
同期元でのファイル操作が同期先に反映されます。

・同期先のフォルダ(LinkStation上の共有フォルダ)を複数のネットワークユーザが読み書きする場合の排他処理はネットワーク上の共有フォルダを読み書きする場合と同一となります。同期先のフォルダは他ユーザには共有フォルダとして動作します。

・アクセス制限されたネットワークフォルダの認証はユーザの接続開始時またはシステム起動時にのみ行われます。認証に失敗した場合は、次回ユーザの接続時またはシステム起動時でないと再度ネットワーク接続認証は行われません。Explorerからのアクセスとは違いフォルダにアクセスする時に認証が行われるわけではありません。

・複数のユーザが同一のネットワークフォルダを同期先として設定していた場合はファイル名の重複などが発生する可能性があるため、動作を保証できません。

・複数のネットワークユーザーが同一のネットワークフォルダを同期先として設定していた場合、ファイル名の重複などが発生する可能性があるため、動作を保証できません。

・同期先フォルダは個別のユーザーしか書き込みアクセスできないような設定を行っておくことをおすすめします。



同期機能の動作について


同期を開始した後に同期元に更新(ファイル/ディレクトリの削除・作成・変更)があった場合は、その動作を同期先に反映する動作をします。以下の動作はファイルですが、ディレクトリに対しても同じ動作となります。

  同期開始前の状態
 同期元  同期先
 A.txt  B.txt

   ‘唄開始したらどのような状態になるか
    同期元に更新がない場合は何もされません。
 同期元  同期先
 A.txt   B.txt

  ◆A.txtを変更したら同期先はどうなるか
    同期元に存在するファイルが更新されると、
    同期先にそのままコピーされます。
 同期元  同期先
 A.txt(更新)  B.txt
 A.txt(更新)

   同期元のA.txtを削除したら同期先はどうなるか
    同期元に存在するファイルが削除されると、
    同期先のファイルも削除されます。
 同期元  同期先
   B.txt

  ' 同期先のA.txtを削除したらどうなるか
    同期先に存在するファイルが削除されても、
    A.txtに変化がない場合は何もしません。
 同期元  同期先
 A.txt  B.txt

その後、同期元A.txtに変化があった場合に同期先のファイルが更新されます。
 同期元  同期先
 A.txt(更新)  B.txt
 A.txt(更新)

 ぁ‘唄先にC.txtが追加されたらどうなるか
    同期先にファイルが追加されても、
    同期元は何もしません。
 同期元  同期先
 A.txt  B.txt
 A.txt
 C.txt

 ' その後、同期元にC.txtが追加されたらどうなるか
    その後、同期元C.txtが追加された場合に
    同期先のファイルが更新されます。
 同期元  同期先
 A.txt
 C.txt(更新)
 B.txt
 A.txt
 C.txt(更新)

  ァ‘唄元にD.txtが追加されたらどうなるか
    同期元にD.txtが追加された場合、
    同期先にD.txtがコピーされます。
 同期元  同期先
 A.txt
 D.txt
 B.txt
 A.txt
 D.txt

 Α‘唄元のD.txtと同期先のD.txtが同時に
    違う変更した場合はどうなるか
    同時または同期元が少し遅く D.txtを
    更新した場合は、同期元の内容となります。
 同期元  同期先
 A.txt
 D.txt(更新1)
 B.txt
 A.txt
 D.txt(更新1)

同期先が少しでも遅く更新された場合は、同期先の更新内容となります。
 同期元  同期先
 A.txt
 D.txt(更新1)
 B.txt
 A.txt
 D.txt(更新2)

その後、同期元のD.txtが更新された時に、同期先にD.txtがコピーされます。
 同期元  同期先
 A.txt
 D.txt(更新3)
 B.txt
 A.txt
 D.txt(更新3)